第四弾を一区切りとしましょう。
最初に仕込んだスープが1.6リットルでちょうど使い切る
量だからです。
次は鶏ガラスープで続けます。

煮込みラーメンというのは某メーカーが市販していますが
それの原典となります。
あのメーカーは専従班が全国の美味しい物を食べ歩き
それをいかに商品化するかという方針を持っているのだそうです。

一見消費者にとって良さげに聞こえるでしょうが
いち業界人からみるとあまり感心出来る事じゃありません。

こういうスタンスが数々の名品を廃れさせてきたからです。

Tボーンステーキが魅力的に取られなくなったのも
ミートボールや肉団子などが顧みられなくなったのも全て
食を工業化するこんな輩や愚かなチェーン店経営者達が
焼畑的に招いた結果だからです。

いわば美味しい物をわざわざ矮小化することに、
つまり不味いものを懸命に再生産している馬鹿者だとさえ
思っています。

だからこそあえてこうして家で作ってみてください
実は”美味しいんですよ”と書くのです。

食品メーカーとして良心がもしあるのなら
先人たちが作り上げ守り続けてきた美味を引きずり落す様な
安直な行為をやめてオリジナルを目指すべきでしょう。
それが出来る実力があるなら矜持をもって改めるべきです。

はい、では気を取り直して始めましょう。

(材料)
鶏茹で肉  前回の分
白菜      2枚
麺       1玉
スープ    400cc
塩     小さじ 1 
みりん   小さじ 1

abg 044 abg 045 abg 046


茹で鶏をカットします。
白菜は薄い葉をザックリとカット
白い茎(?)は手でギュッと押し付けてから削ぎ切り

abh 003 abh 002 abh 004


麺を茹でると同時に別フライパンにスープを沸かします。 
白菜と鶏を加えて、麺が五割程度湯で上がるのを待ちます。

麺に五割がた火が通ったら網で取りあげてスープに移します。
いったん沸き上げたら後は弱火でじっくりと煮込みます。

abh 006 abh 008 abh 009

塩とみりんでやや薄めで調味。

ここからさらに煮込みます。
おたまで麺を鍋肌に押し付けるようにカットします。

abh 007


【ここで解説を入れさせていただきましょう】

煮込みというと
我々日本人は煮込みうどんを想像してしまい
長いまま食べると思い込みがちですが
煮込みラーメンはだいぶ違います。

米食文化圏にお粥があるように粉食文化圏に煮込みがある
とでも言いましょうか
麺のお粥化なのです
煮込みに煮込んで麺が溶け出し汁にトロミがつき
短くカットされた麺を箸で食べることはもちろん
レンゲですくって食べることさえ可能なほどに煮込む

そんなレシピなのです。
ですからお好きな方は宴席の〆に食べます
美味しい料理をさんざん食べた最後にこれを大丼で
用意させ皆で取り分けてやわらかな食感を楽しむのです。


さて、味を整え思い切って短くカットし
思い切り柔らかく煮込んだら完成です。

abh 010


麺のお粥化になっていますか?
これが正しい煮込みラーメンです。
きっと新しい味との初めての遭遇になるはずです。

abh 011 abh 012


abh 013


ここまでやらせないで
日本風の煮込み饂飩を連想させたまま
「麺のコシを長持ちさせた」などと表記して売るのが
いかに安直な方法であるか
劣化コピー商法だと言うのかお判りいただけますでしょうか?

コシなどこれには不要です。
柔らかく煮込んだ病人にでも食べれるようなお粥に
炊き立てのご飯粒の程よい硬さが要らないのと同じです。


いかがでしょうか。
自分で作るととても美味しいはずです。
工業化された人真似のような食などというのは
ままごと遊びのようなガラクタなんです。
おまけに頼みもしない添加物まみれときています。

自作しなければ解らない美味というものもあるんです。
変なものが入っているほど煮込む事でばれるから
煮込めないとも言えます。

美味しい物は家庭から学びましょう。

とはいえ
煮込みではあっても麺のコシやツルツルッと手繰る
楽しみを味わいたい
そんな日本人が考えたのがあるんですね。

それがチャンポンです。

tkw 020


テイク2ではそれもご一緒にトライしてみましょう。
麺の良さを残しつつ小麦粉の溶け出したスープも楽しめる
まさに日本人ならではのわがままレシピです。

例によって時間を少々ください。
年末に入り雪も積もってきて時間が作れるかは先行き
不透明になってきました。

じっくりと進めましょう。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/986-d6b94a43