基本的に日替わりとしていますが
美味しい食材があるときなどは数日続くこともあります。
以前に「チカメキントキ」という美味しい魚が入荷した時は
三日続けてお出ししたところ三日とも召し上がっていただいた
お客様もいらっしゃいました。

また定番化したものもありそんなメニューはなるべく
こちらにアップしないようにしています。
少しでも変化、あるいは進化したものを追求したいと
思っています。

aav 025

「まいたけと鶏の炊き込みご飯」
今年は猛暑のたたりでキノコは不作だったとか
逆に当たり年だったとか賑やかですが、
ことマイタケに関しては大当たりだったそうで
直売所などで頻繁に求めることができました。

aav 196

「むかごとエビの炊き込みご飯」
ムカゴに関しては年々採取が難しくなってきています。
競争相手急増といったところですが
実はこの時期キノコ探しで時間が無いのが真相だったりします。
ひなびた香りとエビの風味が美味しいご飯です。

ダシを真昆布で引くと高級料亭気分です。

aaw 004

「マヒマヒのポキ」
これもご紹介済みですね。
シイラは何に加工しても美味しい魚ですが
最近また新しい品を開発しました。
乞うご期待です。

aaq 016

「なすの魚香丼」
四川の名レシピ「魚香」
ナスは中近東などでよく食べられるそうですが
日本人の知らない美味しい食べ方が沢山ありそうです。
来年の夏に備えて現在はトルコ料理を勉強中です。

aaq 055

「冷たい回鍋肉の丼」
油っこい料理をそのまま冷たくしただけじゃ不味い。
では何を引いて何を足すか?
料理はある意味単純な足し引き算に似ています。

キーワードは素材の熟知。

aaq 060

「冷しゃぶロール寿司」
逆輸入された「裏巻き」も今ではすっかり御馴染みです。
こうして上に乗せたままカットする「サーモンロール」など
海外では大人気なのだとか・・
養殖の鮭など当店では無理ですが
いずれは魚でもロールでトライしたい所です。

aar 009

「キノコ入りのそぼろ目玉丼」
御馴染みのそぼろ目玉丼にキノコをチョイスするだけで
軽い食感になります。
いずれにしても美味しさの決め手は新鮮で良質な餌で育てた
上質な卵であることは言うまでもありません。

料理人の出来ることなんてたかが知れてる と言うところ。

aan 008

「コノシロの押し寿司」
コノシロは塩加減がとても難しい魚ですね。
今回はたまたま、なんとかお出しできました。
次回は手を出さないかも  と言うぐらいです。

aav 009

「キノコとアオリイカのチャーハン」
刺身用のアオリイカは加熱すると甘く化けます。
チャーハンの中で加熱するとご飯全体にその旨味が
混ざり合いからみあい
そう
つまり美味しいんですってば。

aan 018

「盛り込み天丼」

aao 017

「タチウオ押し寿司」

aao 003

「タチウオ天丼」

aao 020

「タチウオ押し寿司&フクラギたたき巻き」

aaq 008

「つくねとナスのタレカツ風 の丼」

aaw 007

「大フグ天丼」

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/982-50367b9f