2012.10.22 ハゼの洗い
今回は洗いです。
この日は麺打ち仕事を早くに終らせて上市川に急ぎました。
  aba 009 aba 010

ようやく陽が上り始めてススキが黄金色に輝く中、
もう数人が釣り始めています。
中にはお隣の県のナンバー車も。
いったい何時に起きてくるんでしょうか!?

  aba 015 aba 014

  aba 013 aba 012

そうです
ハゼはやり始めると熱中するんです。

帰ってさばく時間、仕事を始める時間などを引くと
釣りに許される時間は小一時間で朝釣りとしては充分。
そのかわりのんびりとした釣りじゃありません。

ハゼはうららかな秋晴れの中のんびりと釣る方法と
せかせかと数を稼ぐ釣りと選択ができるのです。

今回は数を狙いましょう。
ところ!が
こんな時に限って食いがシブイ。  

潮の加減でしょうかポツリポツリとしかアタリが出ないのです。
下げ潮でした。
(下げ潮=引き潮 潮止まりよりは良、上げ潮よりは劣る)

そんな時には二本竿を出します。
それでようやく数が出だしました。

隣で釣っていたおじさんがのぞきに来ます。

「釣れないねぇ」
「おや?釣っとるやないか!」

ハゼは入れ食いが当たり前のように思っているとこうして
思ったよりアタリがないとがっくりとくる釣りなんですね。

(入れ食い=エサを投入後すぐに釣れる、&持続する)

それでこうして釣れている人の様子を見に来ると言うわけです。

この方は今シーズン五百匹は釣ったと自慢していきました
全部白焼きにして冷凍保存したそうです。

そうこうしているうちにタイムアップ。
急いで帰ります。
一時間で25匹が釣れました。

帰路、クーラーボックスの水氷が
チャプチャプ、ガシャガシャと心地よい音を立てるので
ラッシュも気になりません。

帰ってすぐに氷水を作ります。
ボウルに水と氷を入れただけじゃ冷たくはなりません。

aba 016

こうしてしつこい位にグルグルグルグルと混ぜて置きます。
そこへさばいた刺身を切っては入れ、引いては放り込み
もう一度グルグルグルとやってザルに空けます。

氷を捨てて
布巾でギュッと絞り、洗いの完成!

aba 018

透き通った身がもちもちでとても美味しくできました。

aba 023

キュッと冷たく締まったハゼがあまりに美味しいので
調子に乗って握り寿司も作ってみました。

aba 020

かつて「ハゼ禁止令」を出していた家内も
「今度は私も行ってみようか」などと言う始末です。

冷たい雨が続くようになるとどんどん海へと降っていく
もうしばらくの間ですが
ハゼ釣りは老若男女どなたでも楽しめる釣りです。
一度トライしてみませんか?

簡単に釣って楽しく過ごし、美味しく食べる。
まさしく釣りの原点のようなひとコマとなるでしょう。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/970-c9f80cbf