先日たまたま釣れたカジカが大変に美味しかったので
家内と二人でそれを狙って遠出をしました。

狙いはカジカとアジメドジョウ。
カジカは金沢のゴリ料理が有名ですがアジメドジョウは
知る人ぞ知るという超高級魚です。

駒形どぜうのご主人が昔、長野県で食べてその未経験の
美味に驚嘆したと言う話や
天皇陛下に献上されたという話

などなど秘話がいくつもありますが
太平洋側には生息していないために
その存在自体があまり知られていないのが現状です。


ところが普通のドジョウと違い生息場所、水域
餌などの理由からその捕獲は大変難しく
また普通のドジョウと全く異次元の美味
なるがゆえの乱獲が祟り個体数も激減しているのです。

駒形どぜうのご主人も再訪した長野県で
「今はもういなくなってしまいました」と
聞かされがっかりしたそうです。

ところが岐阜県では今でもたまに市場に出るのだとか

その言葉に元気をもらって出かけてきました。

カジカとアジメ
どちらもキレイな水質の川にしかいません。
くわえて急流がポイント。
道具もそれに沿ったしつらえが肝要です。

こういう遊びは
頭でイメージを始めた時からすでに楽しいのです。
考える楽しみ
作る楽しみ
獲る楽しみ
メニューを考える楽しみ
最後に食べる喜びと続きます。


実際に行ってみると急崖の上り下りが危険だったり
冷たい水の中では流れに足を取られ
石につまづき、オロロに襲われ、考えた道具が使えなかったり
などと写真を撮る間もなくかなり疲れます。

でもあらかた一日をかけてほんの少しですが目標を達成
できました。

カジカは佃煮

aan 011

アジメは炊き込みご飯にしました。

aan 009 aan 012

aan 016

アジメドジョウは骨まで柔らかく不思議に美味しいダシが
出てこれはなるほど超希少にして珍味といわれるだけの味。

今回は味を確認する為にあえてこれだけで試しましたが
牛蒡などを加えた普通の炊き込みご飯にすれば
クセの無いミニ丼としてお店でもお出しできそうです。

しかし、幻とも言われるアジメをそれだけの量が確保
”出来れば”の話ですが・・。

次にはもっと違う方法を試して見ることにしましょう。
いや、川遊びは楽しいものですね。

最近はすっかり「川の幸」にはまってしまっています。

aan 020

カジカの乗った冷たい汁蕎麦
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/953-f6cc97ea