2012.06.29 ヒナ鳥の季節
私はカラスが嫌いです。
もっとも
「好きだ」という人のほうが圧倒的に少ないでしょうが。

でも中には
ああ見えてとても賢い鳥なんだと褒める方もいます。
自動販売機に拾ったお金を投入してジュースを買う奴まで
いるなどと聞くと『ほう!?』などと感心はしますが、
余計になおさら癇に障る気分です。

要するに
ボウズ憎ければ袈裟まで憎いという感情です。

嫌う理由は
1、ゴミを荒らす
2、干物を狙ってくる
3、早朝からやかましく鳴く
などです。
ま、ほとんどの人も同様でしょうね。

でも、カラスというのはなまじ知恵があるので
甘やかしておくとつけあがります。

子供の頃もそうでした。
母が豆を蒔くとその後でカラスがほじって食べてしまいます。
そこで様子を眺めているカラスを追い払おうとしても
母だと舐めてしまっているので逃げないのだそうです。

そこで業を煮やした母が私を呼びます。
いつも石を投げて追い払うので私の姿を見るだけで
一目散に飛び去っていくんです。

なので
現在でもそうやっています。
さすがに石は投げられないのでこのエアーライフルを使います。
aad 022

aad 023 aad 024

これは二代目のショットガンタイプで玉が3個同時に出ます。
その分多少威力に欠けますが、なにも殺傷を目的としている
訳ではありません、怖がらせるだけで充分です。

『あ!ここには意地悪なオヤジがいるんだな』
と思わせるだけでいいんです。
おかげで今では私の顔を見るだけで逃げ出します。
カラスが賢いだけに御しやすいとも言えます。
教育的効果の賜物という事にしておきましょう。


鳥といえば今はヒナ鳥が巣立つ時期です。
先日も見慣れない小鳥が鳴いているなと思ってみていると
セキレイの親が餌を口移しで与えているのを発見
『なるほどあれはセキレイのヒナだったか』
と判りました。
aab 051


河原ではよく見る小鳥がうずくまっています。
『しまった!轢いちまったかな?』
大丈夫だろうかと心配になって車から降りて近づくと
必死で飛び立って行きます。

そんな巣立ち直後の上手に飛べないヒナがあちこちで
見受けられます。

先週の事です。
いつものお店に買い物に行くとツバメの巣から
ヒナ達が顔をのぞかせていまして
それがとても可愛いくて
家内は猫でも呼ぶように舌を鳴らすほどです。

するとヒナ達は身震いするようにして後ろの方に縮こまるのです。
そっとしておこうと
遠巻きに眺めていました。

aad 012


翌日カメラを持参すると二人のお母さんが
可愛いねェなどと語らいながら眺めています。

aad 015

aad 016 aad 014


日本野鳥の会の方のお話では
ツバメというのは野性動物の中で唯一人間に見せながら子育てを行なうのだそうです。
つまり、人間に見守られながら生きる、命をつなぐという
選択をしたというのです。

aad 017

確かにヒナ鳥は愛らしいし、口移しで餌を与える仕草も可愛いですよね。
いえ、
「手がないんだからしょうがないんだよ」
なんて野暮は言いっこなしです
そんな子育てを見ると誰だって守ってやりたくなるってものじゃないでしょうか?

ところが
今、日本では急速にツバメの営巣が減少しているそうです。
大都会では昼人口に比べて夜はほとんど人がいなくて
守ってくれなくなったんだそうです。
何から?
ネズミ、猫、カラス、へびなどからです。

生活スタイルの変化にともなう不可抗力ともいえますから
しょうがないかな  と思っていました。
ツバメのことばかり気遣って生きる訳にもいかないとも思いました。

まだここ富山には豊かな自然があるんだからツバメだって
大丈夫だろう 

aad 080 aad 081
 と
こうして可愛い写真を撮って

後は買い物をして帰ろうと奥にいると

なにやら前の方で私を呼ぶけたたましい声がするのです。

駆けつけてみると
たった今までヒナ鳥がいた巣が無残に壊れ
一羽もいません!

一瞬の隙をついてカラスが3羽襲ってきて
あっというまにヒナをくわえていってしまったというのです。
下には柔らかそうな尾羽と数滴の血が落ちていて
それが本当の事なんだと示しています。

ついさっきまで親鳥を呼んでいた声がもうありません。
静かに巣からはみ出たワラ葛が風にそよぐだけです。
ウソのように
あの子達が 四個の命が 僅かに目を離した一瞬で消えてしまったのです。

aad 021


悄然と帰途につきました。
なんだかカメラなんか構えていた能天気な自分に腹が立つほどです。

お店の玄関上に営巣するのは絶えず人が出入りして
天敵に襲われないようにとの知恵からなんでしょうが
こんな田舎の町にも大店法施行以来イオンなどの
大型店が出来て客足が奪われているのも一因でしょう。

少子高齢化で昼の人口が極端に少なくなってしまったのも
あるでしょうが
こうなってみるとこんな田舎町ですら
もうツバメの子育てを見守られなくなって来つつ
あるんですね。

かなりショックな出来事でした。
帰宅して家内と話すと前日の可愛い姿を覚えているだけに
悔しそうにしていましたが
「でも、そのカラスにも養うべきヒナがいるんでしょうよ」
と言うのです。

なるほど野鳥の会の安西さんも常々
「野生の世界では命は何時消えるか解らないんです」
というそのまんまなんですね。

私達人間は
ハムスターが可愛いというくせに実験用にラットを使い
猫がネズミを捕ってくると「エラい」と褒めるのに
カラスが鳩やツバメのヒナを襲うとこうして非難する。

そうなんだなこれも厳しい自然の掟なんだから
無闇にカラスばかり憎んだってしょうがないか
と言い聞かせることにしました。


ところが!
翌日またこの店に行くと
なんとまたまたカラスがやってきて落ちていたあの尾羽を
食べていったと言うのです。

なんとイヤな奴なんでしょうか!

ツバメの親はヒナを探し求めて車の下などに落ちて
いやしないかと懸命に歩き回っていたというのに!

私はやっぱりカラスが嫌いです。
えぇ大っ嫌いですとも。
そこでまたまた
次の日に家からエアーライフルを持参して預けてきました。
使い方をよーっくレクチャーしてきました。
かくして意地悪オヤジ2号の誕生です。

来年はきっと無事にツバメの巣立ちが見られるはずです。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/929-c791a5cb