おなじみの「土佐丸」です。
oaa 041

当店のラーメンは個性が強いのでなまなかな具材では
弾き飛ばされてしまいヴァリエーションが広げにくいのです。

また、その個性の強いものを食べに来店されるお客様に
「無添加タンメン」などを期間限定でお出ししても
受けません。

自然に基本のラーメンを土台にした構成になりました。
その中でも一番人気がこの「土佐丸」です。

ucc 042
濃い口醤油ラーメンを
普通に仕上げます。


ucc 044チャーシューメンの場合も同様です。
普通なら両者の相違点は
肉の量の多少だけですが
当店では崩して混ぜ込むという
特徴からチャーシューメンの方が
味がいっそう濃くなります。

oaa 039それをさらに濃厚にしてくれるのが
この本枯れ花カツオです。
あまりに高価なので
地元市場には常備されていません。
焼津からの取り寄せ品です。

oaa 040その上にかぶせるのが
有明産高級新海苔
今では寿司店でも扱ってくれる
お店は少なくなったと嘆く海苔メーカーの
社長との会話がきっかけでした。

tkr 010その一枚に秘められた力と違いは
「通」だけとか「グルメな方が」などと
いうレベルではなく
”誰もが即座に判る”
という凄さです。

oaa 044今ではほとんど忘れ去られようとしている
海苔と鰹節のホンモノをあしらうだけで
こんなに凄い力を発揮してくれるのです。

この「土佐丸」を始めると必ずこんなお声を頂きます。
「一杯目の麺の量は少なかったでしょ?」と

いいえそんな小細工はできません!
材料の力が強いからそれに飲み込まれて一杯目が
あっという間に無くなってしまうからです。

本物のカツオ節には「力」がみなぎっているから旨く
そして本物の海苔は美しいからこそ美味しいのです。

化学調味料で整えた虚味では決して到達できない
本物のみが持ちえる力を組み上げて構成しています。
上辺だけを取り繕った凡百の小細工を蹴散らしてしまう
まさに暴君の破壊力です。


多数のリクエストをいただきながら
開始が遅れて申し訳ございませんでした。
今回も美味しい材料を調えました。
本日からスタートします。

tkr 008


「土佐丸」です。
ラーメンでもチャーシューメンでも

プラス200円

うけたまわります。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/913-042fcf9d