氷見からやって来る美味しい海藻
「ナガラモ」の第二弾といきましょう。

イカと塩味で炒めてみました。
ucn 011

とても美味しくなりました。
さっぱりとして海の香りと風味が塩だけとは思えない程の
深みを与えてくれます。


これだけです。
でもこれがどういう意味を持つかを説明しましょう。

今回は中国料理でした。
これはこのまま一品料理として充分使えると判明しました。
すると
自動的に麺にも合って来ます。

塩ラーメンに乗せてみました。
ucn 012

案の定です。
無添加なのにコク味まであります。

ucn 013


ということはヤキソバにも応用が出来ると言う事です。
混ぜタイプ、炒めタイプ、ゆるめのアンのタイプ
これだけでたちまち数種類出来てしまいますね。

ということはパスタにも応用が出来ると言う事です。
混ぜタイプ、炒めタイプ、ソースでからめるタイプ
これだけでまたまた数種類出来てしまいます。

ナガラモ
これは”広げられます”
新鮮な味と出会えます。
もう少しいじってみたくなります。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/901-2d8ddac1