オショロコマをいただきました。
北海道にしか生息していないカラフトイワナの別名です。
腹が赤味を帯びた黄色でルビーのような斑点が特徴です。

毎度御馴染み永田さんからのおすそ分けです。
ucc 002


今では富山県でもイワナは貴重になり昼のミニ丼になど
使えませんが北海道でも絶滅が危惧されているというのに
気前よく送ってくださる釣り名人がいらっしゃるんですね。
ありがたい事です。

こんな貴重なイワナを一人でただ食べているだけじゃ
天罰が下りますので、お店でも出す事にしました。

イワナにはほんの少しクセがあります。
鮎とも微妙に違う川の香気のようなものです。

鮎飯では香りはほとんど飛び美味しそうな匂いしか
立ちませんが、イワナの場合は残るんですね。

好きな人は気になりませんが、やはりこれは殺した方が
無難でしょう。
それが「一般向き」というものです。
ラーメンもご飯も個性的過ぎると言うのは問題というもの。

ゴボウ、マイタケ、揚げなどをあしらいます。
昆布だしで炊き上げます。

ucc 007


とても美味しくなりました。
意外なほどお客様の反応も良く早くに完売となりました。
鮎飯もそうでしたが案外に魚飯は皆さんお好きなんでしょうか?

それならそれで取り組みは色々できるので
また考えましょう。

北海道と言えば
もう一種有名な魚がいます。
「イトウ」
です。
昔、摩周湖でアイヌ人が丸木舟を漕いでいたら
水面下に船と同じ大きさのイトウがいたという話は
有名です。
どんなに恐ろしかっただろうと想像するたびに
自然の雄大さと恐怖を感じずにはいられません。

イトウに限らず魚類は条件さえ整えばどれだけでも大きく
なるのだそうです。
先日はTVで10メートルものオールフィッシュという魚が
紹介されていました。

トップにリンクさせていただいたオショロコマも大きいですが
まだ丸木舟サイズまでは育ってませんよね。
もうそれほど大きいものはさすがな北海道と言えども
もう無理なんでしょうか?

北海道でさえ無理だということになったら
もう日本国内にはそんな夢のある巨魚はいないのでしょうか?

いえ
実は証拠はありませんが期待できるポイントは
まだまだあります。

ダム湖です。
それも釣りや立ちこみ、立ち入り禁止されている所。
富山で言えば黒部ダム湖のような場所です。

先日黒部ダム湖に行った際、係員に尋ねた所
「魚は確かに居る」と
証言をいただきました。
繰り返しになりますが、あそこは釣り禁止です。

日本最大のダムの
閉ざされた区域でどこにもいけない状況。
餌が豊富で生育に適した環境。
生息に関して特に顕著な捕食者がいない。

となると
イヤでも丸木舟サイズを想像してしまうのは
私だけでしょうか?
あの大きなダム湖にどれだけの巨魚がいるのだろうかと
想うだけでもなんだかワクワクしてしまいます。


黒部ダム写真館
こちらで地図上のポイントをクリックすれば美しい
写真が閲覧できます。

エメラルドグリーンの水面下の見えない魚を想像
してしまうのが邪(よこしま)に思えるほど幻想的で
清冽な景色ばかりです。

あぁ でも邪な奴とそしられても構いません

あそこで竿を出したらどんなイワナが釣れるんだろう?
それでイワナ飯を作ったら、
しかも現地で食べたらどんなに旨いんだろう?

と想像するだけで満足している
大酒飲みの冬眠中の釣り師です。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/879-d8ac8f98