最近見かける事が多くなってきたガレット。
フランス料理なのだそうですが、甘いのがクレープで
おやつ感覚なのに比べガレットは甘くなく、食事感覚と
いった違いがあります。

さっそく作ってみましょう。

(皮部分 4枚分)     (具材部分)
蕎麦粉 150g       ソーセージ(ベーコン)
塩小さじ1/4        しいたけ (シメジ類)
溶き卵 1個分       エビ 
水 250cc        卵一個 仕上げ用
              溶けるチーズ

ボウルに蕎麦粉を入れ水100cc程度と塩を加えて
混ぜます。
ucb 028 ucb 029 ucb 030

次に溶き卵と残りの水を加えてよく混ぜラップをして
1時間寝かせます。

ucb 032

フライパンにオリーブオイルを少量
具材を炒め、塩コショウで味を整えて別皿に出しておきます。

ucb 048

1時間経過

フライパンにサラダオイルを敷き中火で温め、
蕎麦生地を1/4落とし、グルグルと回して薄く広げます。
ここはクレープの感覚ですね。

チーズと具材を真ん中を空けて乗せます。
卵を中央に乗せて焼き続けます。

ucb 050 ucb 051

端がぱりっとしてきたら四隅を折り曲げていきます。

ucb 053

卵が半熟になるまでフタをしてゆっくりと仕上げていき
完成です。

ucb 058

ucb 056

ナイフとフォークでカットし、コーヒーを飲み
予定の無い休日の朝をのんびりと過ごします。

ucb 057

今回使ったのは地元「呉羽産の蕎麦粉」です。

ucb 027

こういうものは今までには在りませんでした。

かつて毎日のように蕎麦を打ち昼食で食べていた時期が
ありましたが国内に流通している蕎麦粉の8~9割が
中国産でしかも猛毒のアフラトキシンかび毒が混入している
というショッキングなニュースを知ってばったり止めていたのです。

減反の影響でこういうものが手軽に入手できるように
なったことは一面とてもありがたい事です。
しかし、
こういうものを作れば農業収入が確保されるではないか
という論にはなりません。

こういうものはあくまでも”副”に過ぎません。
枝葉では生活設計など望めないのです。

たまに手を出す趣味で使われる量などたかが知れています。
日本人にはやはりお米。

「衣食足りて礼節を知る」
と昔から言われてきましたがその大元がお米なのです。
近年、お米をおろそかにし始めて急速に礼節が劣化しているのではないか?
という気すら致します。

その表れは服から始まったのでしょうか?
これも
「衣服の乱れは心の乱れ」
などと言われますね。

やたら安価な衣服が出回り始め
『安けりゃ何だっていいや』 と油断し始めたようです。

電化製品、食糧、日用品、100均品  etc...と
ひたすら安価なものばかり追い求め続け
ひどく安価なものに対する警戒感が失われマヒしてしまったようです。

そうしてTPP
危険性は農業ばかりじゃありません。
情報、金融、サービス業など”全ての分野””全ての品目”
です。
はっきり言ってキチガイ沙汰です。

アメリカで食えない弁護士が日本で強制的に訴訟案件に
首を突っ込んできたらどうなるでしょうか?

車の輸出が増える?
とんでもない! そんな事はめくらましの詭弁です。
業界はそんなお子様のような論法では生き残れません。
海外生産の日本車を輸入して儲ける事しか考えないのです。

”安い米が買えるようになる”
などと言われて喜んでいる場合ではありません!
自分たちが食べないものを丁寧に作るわけが無いのです!

エグイ事を言いたくないので今までガマンしていましたが
ついでの例に挙げましょうか
大豆です

アメリカの大豆農家がTVで誇らしげに言うのです。
「この畑を見てくれ」
「これは人間が食べる大豆なんだ」

ん? 何のことだろう?  と思いますよね

「だから農薬は控えめなんだよ!」 と嬉しそうに
続けるのです。

では人間用ではない大豆って何だろうと思いませんか?

バイオ燃料?工業資材用?そんな事もあるかも知れませんね
でも一番は飼料用なのです。

その農家の語らなかった事をウラ読みしていきましょう。
・飼料用は農薬使用が多い
・その分安価
だということです。
ということは
・飼料用大豆は遺伝子組み換えが多い
とも言えます。
アメリカが作付けしている遺伝子組み換え大豆は
モンサント社の除草剤耐性大豆なのです。

たっぷり”モンサント社の除草剤”をまいても枯れずに
実を結ぶ大豆なんて不気味でしょう?

このモンサントの除草剤がラウンドアップです。


ちなみにアメリカ国内では遺伝子組み換え作物は
人間用食糧としては認可されていません。
輸出用のみ認可されています。
日本はその重要なお得意様です。

では

ここに高価な大豆と安価な大豆があったとします。
納豆や味噌、大豆油や醤油を作るメーカーは
どっちを選択するでしょうか?

では次に

もし、安売り専門のメーカーだったなら
人間用の安い豆と飼料用のもっと安い豆とどちらを選ぶでしょうか?

高価な商品には納得できるだけの理由があり
安価な商品にはそれなりのワケがあります。

日本にはまだまだ優良な食べ物、商品があるのに
ろくでもない食品、商品を安いからと言って
歓迎できますか?

息子が使っていたC国製のコンセントタップは発火寸前に
取り替えさせました。
そんなモノだらけになるとしたら  と
恐怖を感じませんか?
火事だらけになるかも知れません。

TPPのおかげで更に安く買えるようになる
などと目くらましをされている間にそれどころか
とうとう日本の主権が根こそぎ奪われかねない様相を呈してきました。

日本人の勤勉の賜物といえる郵政の資金
農林中金や保険の膨大な資金
それらがそっくり奪い取られ
産業空洞化してしまった近未来の日本には
次に食糧を輸入するお金など無くなってしまった

という恐ろしい事にならないように祈ります。

かつてアメリカの中流と言われていた多くの人たちは
巨大マネーにその富を吸い上げられてしまい
ドッグフードを食べてしのいでいると言います。

少なくともそんな貧しい生活を強いられている人達が沢山いるそうです。
デモも起こるはずです。

働かなくても株や為替を操作するだけで悠々自適な生活
をエンジョイできると言っていた人たちでしょうか?

そこまで日本人も同調せよ  とでも言うつもりでしょうか?
まっぴらごめんです。
国産を食べたいです。
こうして
美味しい蕎麦を食べて生産者に感謝しつつ
TPPに関するニュースに触れるたびに腹が立って
腹が立ってしょうがない日々です。













 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/872-d59ed24a