アユカケという魚をいただきました。
アユカケ

カジカの一種だそうです。
ハゼ、ゴリなどとも近い種ですね。

旨いのはアユカケが一番で二番がゴリだと言われます。
ただし、漁獲量は絶賛激減中で
そうなると市場価格も激高騰中真っ盛り。
もはや川魚市場の崩壊寸前という様相なんだとか。

そんな中ここ富山ではまだアユカケも多少は獲れるそうです。

海のカジカもそのご面相からは想像出来ないほど旨いのと
同様、これも大変旨い魚です。

川は上から源流渓流、そして里を流れる清流で区別され、
清流の川魚は寄生虫が心配で刺身にしにくいのですが
有名なゴリ同様アユカケも刺身に出来ます。

その他、焼き物、揚げ物、煮物など
何にしつらえても旨い魚です。
なぜこんなに美味しいのかと聞くと

「鮎を食べているからだ」と  

鮎釣り師は語りますが真偽の程はどうあれ
草食の鮎よりは肉質はアンコウなどの肉食らしい感じの
締まった食感です。

アンコウは頭上のルアー竿で釣りをして獲物を捕食しますが
アユカケは頭上両端にある角で鮎を引っ掛けて捕食すると
言われます。
どちらも獰猛なハンターですね。

肉食魚

ハンター


この勇ましい魚の一番美味しい食べ方が骨酒だそうです。

骨酒に適した魚というのは沢山ありまして
海ではアイナメやキジハタ
川ではイワナが有名ですが、それこそ”好み”の問題ですから
思い入れの強い魚であれば何でも旨く感じるわけです。

ところがアユカケが最高と言われているには理由がありまして、

イワナなどで骨酒をやると酒が甘くなってしまうが
アユカケは甘くならないというのです。

酒飲みでなければ理解できない話でしょう。
『え?甘くなる方がいいんじゃないの?』
などと思われるかも知れませんね。

そこでさっそく試してみました。
甘いのが嫌いな大酒のみの私がやれば間違いありません。
アユカケを焼きます。

焼き上がりに合わせて熱燗の酒を注ぎます。

骨酒


しばらく置き、そのまま飲む と
塩気が混じった味がしますが
まださほどに変化は起こっていません。

キノコ酒なども今年はトライしましたが
キノコの風味の方がよほど飲み味を増幅させる気がします。

野趣あふれるキノコ酒


ほぐしつつ、つまみつつ飲みます。
ゆっくりと淡白でクセの無い白身と酒が混ざり合い
口の中で溶け合います。

つまむ 端麗にして強くそれでいてジャマせず

清流の魚ではありますが、
この枯淡としか言いようの無い味わいはなんでしょうか?

幽山渓谷のイワナとはまた違う端麗な味わい。
イワナは力強い風味
ヤマメは上品な脂を感じ
アユカケはその獰猛な肉からは想像のできないほど
淡白なくせにずしりとした飲み心地を与えてくれます。

なるほど、このさっぱりとした口当たりが
「甘くならない」という所以なんですね。
骨酒の旨味を実感できました。

もし、次に機会があれば
正式に塩焼きを食べ終えた後の骨だけを
炙りなおして熱燗を注いで試してみましょう。

米、酒、海山の恵み
それらを組み合わせることによってどれだけでも
美味しくなってくれます。
ありがたきかな大地の恵み。
豊穣の水の賜物。

今夜も少し飲みすぎのようです。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/861-708e3fd9