魚の炊き込みご飯はややもすると小骨が気になってイヤだという方の為に
魚飯というものがあります。
読みは「ぎょはん」と読みます。

広島県などで盛んな様子です。
魚とご飯だけじゃありませんが日本の食卓には
それこそ無限とも言えるほどのご飯メニューがあります。

鶏肉で行なう汁掛けご飯で「鶏飯」(けいはん)
というものが鹿児島県の郷土料理にありますがこれが
魚飯に近いものです。

作り方は簡単です。
小骨がお嫌いな方はまず、焼き魚をむしって小骨を
納得いくまで除去してください。
ですから
焼き魚が余ってしまった時なども有効技となります。


次に他の具材を用意します。
この日は
昨夜の残りのカマスの焼き魚
庭のミツバ
同じく穂紫蘇
紅生姜
茗荷の味噌漬け
錦糸玉子
を用意しました。
ubn 005


あれば小口ネギなども合うでしょうね。
なんでもいいんです。

ほぐした魚に醤油をまぶします。
ubn 006


カツオダシに薄目の味付けをして沸かします。

汁掛けご飯は基本的にお茶漬けと同様、少なめに盛るのが
美味しく食べるコツです。

ubn 007


少なめのご飯にお好みで具を乗せて
熱々のダシを掛けていただきます。
料亭のお茶漬けと呼ばれるジャンルですね。
ubn 008


これが広島風の「魚飯」です。

ubn 009

魚は冷たく冷えていてもご飯とダシが熱いと生臭みは
全く気になりません。
サラサラッと何杯もいけそうです。
飲んだ後にやると食べ過ぎ注意になることうけあいですね。

魚の飯ではスーパースター的存在の「鯛めし」なども
一般的な鯛を乗せて炊き上げるタイプばかりでなく
宇和島スタイルでは
鯛のお刺身に胡麻醤油をまぶして熱々のご飯に乗せ、
上からタレをかけて食べるというものもあります。

ご飯の味方としてはお店にお出しするミニ丼ばかりではなくこうした
幅広い品などもトライしつつ今後もご紹介していければと思います。
無限への第一歩です。

それにはまず、美味しいお米の確保が重要です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/847-33a6d38a