オオナルコユリ
これはあまり一般的ではない山菜です。
育つのに長い時間を要するということを知ってからは
どこか後ろめたい気持ちになり積極的には採らなくなりましたが
クセのない美味しい山菜であることには違いありません。

これに魅入られて本格的に栽培している方もいらっしゃいます。

これは先にご紹介したアマドコロと非常に似ていますが
アマドコロほど日当たりの良い場所という程ではなく
藪の中などにも出ております。

群生しません。
アマドコロが数十~数百本単位のコロニーを作るのに比べ
せいぜい数本単位で出ているのがよく見る光景です。

ですから極力乱獲を慎みたい個体です。


はなはだしく矛盾しますが
この根にも強壮効果があります。
こうして薬酒になるのです。
ubm 041


一瓶仕込んで後は見かけてもガマンしております。

もう少し歳を取り山歩きが出来なくなった頃に
チビリとなめて山の風景を思い返すのを今から楽しみにしています。

アマドコロ、オオナルコユリどちらも根を掘りあげるなら
今が好機です。
ubm 010   ubm 011

(左)今の時期のオオナルコユリの姿
       (右)有毒種のホウチャクソウには根茎はありません。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/845-3bdca280