uaj 030 uaj 031 uaj 032

台風15号接近の影響で大雨の中、有峰に行きました。
この日は当初はイワナ&キノコだったのですがさすがに
釣りは諦めました。
師匠も雨がひどいので乗り気ではなかったのですが
強引にお願いし、引っ張り出しての山行きです。

谷川は今まで見た事も無いような泥濁りです。
この豪雨の中道路整備に従事する方々の横を通過して
遊びに行くのがいささか気が引けるほど
雨水は道路の上を音立てて流れ怖いくらいでした。

ダム湖から見る谷もガスが立ち込めて視界不良です。
uaj 033

が、白状します。
キノコへの期待感で少しも気後れはありませんでした。
ホントに身勝手な奴だと我ながら呆れます。
お師匠、本当にすみません。

待ちわびた秋のシーズンインです。
季節外れの強烈な残暑が列島を覆い各地でキノコの発生が
遅れているとのニュースを聞き、やきもきしていたのです。
台風のせいで暑かったり寒かったりとしますが
ともあれそのお陰で適度な湿り気が入り発生が始まって
いるに違いないとの確信がありました。

子供の頃から染み込んだキノコ時計発動というわけです。

でも、私が慣れ親しんだキノコはせいぜいが標高200m
ほどの低い山です。
キノコは標高や植物相が違うと発生する種類も異なってきます。
有峰は1,000m
まるで違います。
それで今まで二の足を踏んでいたのですが、これまた師匠頼みで始めてしまおう
という魂胆なのです。

この日は雨合羽に傘をさしてのキノコ採りです。
ハナイグチ、チチタケ、フウセンタケが採れました。

白い液体が出るチチタケ
ubj 001


昼は雨をしのいで鍋を食べて暖を取り帰宅。
本当に師匠にはご迷惑をおかけしましたが、とても楽しい日でした。


夜にはキノコ鍋。
uaj 037
  uaj 038 uaj 035

チチタケはあまり芳しい評価は聞かないのですが
それは口当たりがボソボソしているからです。
よく炒めてから使うと事前に教えてもらったとおりにして、
ダシを確かめるために昆布などを一切使わずに水だけで
作りました。
浮いた油は捨てます。
素晴らしいダシが出ます。

栃木ではチチタケが絶大な人気だそうで時にはマツタケ以上の値が付くこともあると聞きます。
チチタケうどんがもっぱらだそうですが、よく判りました。

ニセキノコモドキダマシ

こちらのキノコベテランさんのブログで紹介されている
チチタケポテトのレシピを見て
なるほど頭の良い人たちもいるものだと感心させられました。
口当たりが良くないなら感じないほど細かくしてしまえばよい

というわけですね。

uaj 034

さっそくこれを応用してシューマイにしました。
チチタケを袋に入れて
叩いて潰します。

ubj 017 ubj 018

あの白い液は手に付くと黒くなるからです。
この後もう少し細かくする為に刻みます。

タマネギ、豚ひき肉でシューマイネタを合わせ
半分はチチタケ入りとします。
ubj 022 ubj 023


市販の皮はとても小さく大判に慣れた手にはやりずらいですね。
包み方はこうです。
アンをヘラで取り皮に乗せ
ubj 024

中央に突き刺すようにしてひっくり返す
ubj 025 ubj 026

上から皮を包み込むようにして簡単に形作る
ubj 027

ひっくり返して
親指、人差し指で輪を作り、中指で底を受けるように
ubj 028

上から軽く押さえ、数回向きを回転させつつ押さえ込む
ubj 029 ubj 030


濡れふきんを敷いた蒸し器で小型なら5分程度蒸らす。
バット等に並べて冷ます。
冷蔵庫または冷凍庫で保存。
食べる時に10分程度蒸らす。

シューマイは作ってすぐに食べると中のタマネギがまだ硬くて美味しくありません。
出来ればいったん冷凍して後、
充分再加熱してから食べましょう。
タマネギがとろける様にならなければシューマイとは言えないのです。

ubj 031


チチタケ
まだこのキノコの本当の美味しさをご存じない方が多いので私のような不慣れな者にも採る事が出来ます。

でも、予感はしていたものの標高1,000mでのキノコ採りは
見た事の無いキノコばかりです。
頼みは師匠の眼力。
またお願いします。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/839-bc9232dc