永田さんは美味しいものに目の無い人で
何処へでも腰軽く走り回ります。

そんな永田さんがここへコメントを寄せてくださる
「山里かあちゃん」さんのお宅にお邪魔してきたというから
大変驚きました。

おまけに私まで
ピザやパンのお土産の裾分けに預かってしまいました。
そのどれもがとても美味しくてさらにびっくりです。

そんなこんなで
調子に乗って私達夫婦も先日お邪魔をしてきました。
キレイなお宅に立派な竈が鎮座しています。
ご夫妻とも優しそうな感じのいい方でした。

帰りにご主人が育てられたネギをお土産に頂きました。
これがそうです。
tuv 026


雪が積もると作物は収穫が出来なくなり、
春まで埋もれたままになります。
そして雪解けの下から出てくるのがこれです。

これはまだ葉先がキレイです。
中には先端から枯れこんだようになっているものもあり、
見た目で判断する人は敬遠する場合も多いのです。

ところが!
味は一級品!
雪の下で休眠することで糖度が増すのでしょう。
柔らかく、甘いのです。

似たようなもので大根や人参があります。
富山の市場、マーケットは無知なので
あくまでも見た目ばかりで値が不当に低くつきます。

長野産の同じような人参があり、東京の高級スーパーでは
「スノーキャロット」と名づけられ
なんと一本が 300円で売られているそうです。
富山も一考しなければいけませんね。
せっかく美味しいものが沢山あるんですから。

さて、この特選ネギを使ってミニ丼に仕立てました。

皮をむき斜め切りにします。
tuw 006

本当はぶつ切りが美味しいのですが口当たりを考え
斜めに切りますが
普通は薄く切りますよね?
硬いからです。

ところが、このネギはやわらかいので考えられないほど
厚く切れます。
もはや斜めぶつ切り
とでも言えます。
tuw 022


これがほんのひと煮立ちするだけで柔らかくなるんです。

美味しい物を使うともっと美味しく出来るということ
なんですね、素晴らしい!
tuw 021 tuw 008


いつもの美味しい能登健康鶏と赤卵で作ります。
tuw 007

お陰様で今日も美味しく出来、大人気でした。
こうしてメニュー名は同じでも内容は常に変えて作ります。
毎回同じでは作るほうだって飽きますからね。

山里かあちゃんさん、ご主人様にもよろしくお伝えください。
お陰様でお客様と「美味しい」を楽しむ事ができました。
山からの冷涼な用水で育てられた、しかも貴重な越冬ネギ!
大感謝です。

北陸の雪は住む人には大変な苦痛を強いますが
畑にはこんなに素晴らしい恩恵をもたらします。
でも、地元に住んでいながらまだまだ知らない人も多く
います。
もったいない!
見た目に騙されてせっかくの美味を見逃してしまっているんですね。

このネギでスキヤキや鍋を作るとネギが主役になります。
どうか覚えておいてください。
雪に泣かされるんですから
せめて美味しいドコ取りしなくちゃ損ですよ!

さて、もうひとつ先日の
「野菜を見分けるコツ」 西村 和雄 著から
今回は トマトを紹介しましょう。

赤いトマトの中心には黒いボチがありますね、
これはメシベ跡です。
そこから星の光芒のように白い筋が走っているもの。
それが甘くて美味しいトマトです。

でも、中には全く線の無いのもありますよね
それは酸味の強いトマトです。
煮込み料理などでご利用ください。
トマトの旨味はグルタミン酸です。
美味しい料理になってくれます。



野菜って奥が深いですね。
もっともっと勉強して美味しい物を追及しなくちゃと
思わされます。



  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/793-48b35593