このたびの悲惨な現状を知るにつれ少しでも
お役に立てる事はないかと身もだえする思いで毎日を過ごし
ていました。

そこで今日からは慣れない野外調理にたずさわる人のために
基本的な知恵などを書いて行こうと思います。

(焚き火)
湿った地面にいきなり木を置いて火をつけようとしても
なかなか点きません。
新聞紙などの紙を敷き、真ん中に紙を丸めて置き、
両端に木を置きます。
その上に木を置いてから下の丸めた紙に点火。

紙がなかったらそれに準じるもので代用してください。
点火するときは風上から。
煙が人の居るほうに向かわないように気をつけてください。

(空き缶)
空き缶は大変重宝します。集めておけば役立ちます。
大きな缶は焚き火の終った焚き木を燃えた方を下にして
立てて入れておけば自然に消えます。

次回の焚き火に使うと点火が楽に行なえます。
また、火が終わり熾火(おきび、赤く燃えた炭状のもの)に
なったら空き缶に移してできればフタをしておきます。
そうして酸素を奪った熾火は消し炭(けしずみ)と呼ばれます。

硬い木炭と違い柔らかなので紙などで引火がしやすい炭です。
煙やススが出なく、火起こしがすぐに出来るので室内での
調理や特に朝の調理に大活躍します。

湯を沸かしたり、パンや餅、または冷えて硬くなった
おにぎりなど温めるのに最適です。

基本は焚き火は屋外、調理は屋内です。
ですから廃材などがふんだんにあるところでは暖をとりつつ
熾火を収集するのがまず第一。

そして調理は消炭で屋内で・ がその次となります。
そうすれば鍋やかん類の底がススで真っ黒になるという事も
起こりません。

火を持つには金属棒を二つ折りにして行ないます。
簡易ゴミ挟みとイメージしてください。
灰も役立ちます。
捨てないで採って置きましょう。
穴を掘っただけの簡易トイレの後始末に灰をかけるのです。

くれぐれもヤケドにご注意をお願いします。
必ず救援は来ますからそれまで体力を保持して頑張ってください。

次回は空き缶でご飯を炊くコツをご紹介します。


 


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/770-785211c5