冬の富山湾は魚も脂が乗って美味しくなりますが、
海藻やナマコまで美味しくなっています。

地元で獲れたナマコには内臓が入ったまま流通していますから
コノワタが作れます。
あとはコノコだかクチコだか良く分からないものも一緒に出てきますが
構いません全部まとめて塩辛にしてしまいます。

そうするとよく解りませんが普通のコノワタより美味しいものになるようです。
多分に気のせいだとは思いますが・・。
なに、酒飲みの独り言と読み飛ばしてやってください。

コノワタが一番の目的ですが、胴体も片付けなきゃいけません。
酢の物も結構ですが大量にあると箸が止まってしまいます。

そこで炒めて見ました。

tua 007

ナマコはイカやタコとは根本的に肉の構造が違うので
下ごしらえをしっかりとやらなければいけません。
でもその一手間をかけるとふうわりとした柔らかい口当たりに変身してくれます。

次はこちらです。
ナマコのフェットチーネとホラを吹きたいところですが
表題でバレバレですね。

tua 012


ヤキソバです。
通常のお店で使う極太麺で仕込みました。
太いので蒸しは軽くすませています。

tua 010 tua 011


ブリッとした歯応えの麺と、

tua 015

フワリとしたナマコの食感が楽しいヤキソバです。

tua 009






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/746-3d8f86de