2010.12.07 きのこ
今年は熊の出没が多いのでキノコ採りには行かないで
もっぱら直売所でばかり求めました。

便利で安く、時間の節約にもなりますから大いに活用させてもらっています。

が!
実は人様の採ってきたキノコを買うというのは
案外知られざる危険が伴うという事をご存知でしょうか?
毒キノコ?
いいえ、それなら見て解ります。
解らなければ買わなければいいだけの話です。

色んなケースがありますから全てがそうだとは申しませんが
怖い話 程度に聞き流していただければ幸いです。

キノコ採りというのは早朝から出かけます。
どんな名人でも人が採ってしまった後ではどうしようも無いからです。
また人それぞれ自分だけの「場所」を持っているので人目につきたくありません。

数年前の早朝のことです。
その「場所」に向かう途中にゴルフ場があるのですが
横の土手から大きなビニール袋を抱えたおじさんが出てくるところに出くわしました。

先を急いでいたのですがあまりに大量なので車を降りて見せてもらいました。
大きな立派なキノコがどっさり採れてるではありませんか!
「すごいですね~!」
というと いや今年はこれでも少ない方なんだ と謙遜したように言います。

残念ながらその時の私の収穫はさっぱりでした。

後でその時のことを近所の人に話し、
「でも、ゴルフ場のって危なくないのかな?」 と聞くと
「危ないに決まってる!」
「だから自分じゃ食べないで売るんだよ」と

!!!!!!絶句 しました!!


最近、気になるウワサを聞きました。
少し前の話ですが中国の四川省で大地震が起きた時
地下核施設で爆発事故が起きていたらしい  というものです。
そこらは大穀倉地帯だったとかでほぼ全滅らしい というのです。

また、チェルノブイリで放射能汚染が起きた時
住民は避難させられましたがやはり住み慣れた所がいい と戻った住民が沢山いたそうです。
キノコが大豊作だったそうです。
汚染されててもここに住む  と決めた人たちはそこで採れるものをためらいなく手に取りました。

雷が鳴ると○○がよく獲れる  と聞いた事がおありでしょう?
キノコにもそれと似た話があります。
なんらかの刺激が影響するらしいですね。
雷に当てる とかシイタケのホダ木の端をハンマーで叩くなどと聞きます。
よく発生するそうです。

でも、刺激に反応するだけじゃないのが困った点です。
地中の汚染物質をたっぷり内包して出るんです。
まるで吹き出物のように土中の汚染物質を吐き出そうとするように

あたかも人間がゴミを袋に包んで出すように、
ゴミ捨ての時期がやってきたな  とでもいうように。

今の日本で先ほどのゴルフ場のような怪しい場所で採取したキノコが流通するのは間違いなくほんの少量でしょう。
よほど運が悪くないと出会うことすら無いはずです。
なぜなら国産のキノコの水煮なんてほとんど無いからです。
キノコの加工品はほとんど中国産です。

『大丈夫なんだろうか?』と首をひねってしまうのです。

こんな事をいうと必ず
「風評被害だ」とか
「危険だと言う確証や証拠も無い事を言うな」と叱られます。
ですからはっきりとお断りしておきましょう。
これはあくまでも私個人の無責任な想像です と

ですが、
私のスタンスはいつも変わりません
食品添加物にしろ何にせよ
「大丈夫と解っているものを口にしたい」というものです。
危ないか安全か解らないものを口にしたくない という単純な事です。

公園でキノコが生えていました。
毒があるのか無いのか解りません
そんなモノを食べますか?
少なくとも
大切な家族になんか食べさせないでしょう?

スーパーでキレイにパックされていたらそれは安心の証なのですか?
私は少しだけ疑う事をオススメしています。
せめて裏書を確かめてみませんか?


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/696-20116605