sg 017
青竹打ちの手打ちラーメンにしようと思った動機のひとつに
アレルギーの方の話があります。

蕎麦アレルギーをご存知でしょうか?
アレルギー界の頂点に君臨するというほど恐ろしく、時に命にかかわるほど怖いものです。

アナフィラキシーショックという即時性アレルギーを起すそうで
(防御の消失した常態)
喉のかゆみや息苦しさなど喘息に似た症状→死に至る危険性
をともなうとされます。

これは蕎麦さえ食べなければOKというものではなく
蕎麦粉はクレープや菓子など様々なものに混入されている場合が多く
うどんやラーメンを食べても、甚だしい場合にはコショウにも混入されていた
というケースすらあるのです。

何故、うどんやラーメンで起きたのか?
同じ湯で釜で蕎麦を茹でていたからなのです。

他には手打ち蕎麦の実演会場の傍らを通っただけで発症した例もあるそうです。
ほんの少しの浮遊しているそば粉を吸引しただけや
皮膚に附着しただけで発症するそうなんです。

小学校の給食で教諭が無理やり食べさせた蕎麦で下校途中の児童が死亡してしまったという話はあまりにも有名です。
まさに蕎麦アレルギーの方は地雷原を歩くように日々を過ごされているわけです。

その周囲の友人やご家族の方の心労も大変なものでしょう。

さて、一般的な製麺所ではうどんやラーメンの他に蕎麦も作ります。
良心的なところでは
「本品の製造ラインでは蕎麦も製造しています」
などの表示もされていたりします。

これも混入の原因になります。

蕎麦もやってる店なら危険だけど
ラーメンしか扱ってない専門店だからと安心してばかりもいられないのです。
製麺所さんには蕎麦粉が存在しているのですから。

ところが自家製麺ならその心配は全くありません。

私は蕎麦が大好きですからたまに蕎麦を打ったり、
食事用に乾麺を茹でたりしますが道具や鍋は全く別経路にしています。
混入の危険性は皆無にして通常の営業を行っています。

また、一部の業務用コショウに増量剤として混入されていたこともあるそうですが
当店で使用しているコショウメーカーに問い合わせたところ全く使用していないとの
解答を得ました。

蕎麦アレルギーの方は外食に大変なお気づかいをされているそうです。
どうか当店では安心してお召し上がりください。
安全と安心こそが「食」の最も大切な原点だと信じて取り組んでおります。

同様の理由から中国、台湾産の食材も一切使用しておりません。

安心してご来店ください。

qbe 035




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/688-3dc363a5