2010.09.16 新潟ごはん
新潟のタウン誌に二度ご紹介いただいたお陰で遠方から来店されるお客様が増えました。
raw 074 raw 062 raw 057

raw 051 raw 037 raw 036

ありがたいことです。
深く感謝をこめて 
ささやかな恩返しと気になるお店探訪をかねて新潟に行って来ました。

今回は夏バテ気味で疲れていたので電車で行きました。
新潟はすぐお隣ぐらいに考えていたら3時間もかかるんですね!。
遠方から来ていただける事に改めて感謝です。

さて、新潟といえばかねてより gskierさん から聞いている垂涎のお店があります。
「タレかつ丼」です。

カツ丼には一般的な卵とじの他にソースカツ丼や岡山県などのデミグラスソースのタイプなどがありますが、
新潟には独特の「醤油タレ」で食べさせるタイプがあるんだそうです。

まず、そこを一店 何が何でも押さえましょう。
次に「へぎ蕎麦」
フノリを練りこんだ蕎麦ということですが、フノリはそのまま焼いて食べてもあまり美味しくないモノなのです。
でも美味しくないものが有名になっているということは在り得ません。
これもホンモノを食べないことには話しになりません。

あとは二店の間にちょいと市内観光でもできればオンの字です。
食べ終わったら電車に飛び乗って帰ってくると言う実に気ぜわしい日帰り小旅行といきましょう!

その前に私の休日の過ごし方を書いておきます。
朝、いつもとほとんど変わらない早朝に起きます。
スープの仕込みを調整します。(翌日の営業分)
麺を打ちます。
これで酷い時には半日がつぶれます。
2連休を頂けばようやく1.5連休になります。
こうした日常なのでちょいと出かけるだけでも滅多に適わない事でして、
新潟までの日帰りでも我家では「旅行気分」なのです。

今回は
新潟名物「タレかつ丼」発祥の店 として高名な

「とんかつ太郎」さんにお邪魔をしました。

ss 038


こちらのチラシの文面から起こしましょう。

「昭和初期、新潟市内は堀が巡らされ、堀縁にはあまたの屋台が軒を連ねていました。
当店もそんな屋台発祥です。
初代小松道太郎は当時モダンだったカツレツを醤油ダレにくぐらせてご飯にのせて供しました。
これが新潟の人に大いにウケていまや
新潟のカツ丼スタイルとして定着し、いまや新潟のスタンダードとなっています。」

おぉ凄い!
70年余りの歴史があります!
カツ丼でそれだけ長きに飽きさせない技をぜひとも食べてみなければ! と気が急きます。

訪れてみると拍子抜けするほどこじんまりとしたお店です。
そうか!
当時からそのまんまなんですね。
これも凄い事です!
お客さんも親から子、子から孫へと移ろっていっても店構えがあまり変化をしていないってのは
実に視覚効果が大きいですね。
私達のお店も最近模様替えをしたので久しぶりに来られた方が戸惑う度に謝っていますから良く解ります。

店内はカウンターのみですが席が両脇にずらりと並んでいます。
若いご夫婦らしき二人で切り盛りされています。
ご主人がカツを揚げると奥様がご飯を漏るといった具合に
手際よくスムースに流れていきます。

カツを揚げて、ザルに取り、いったん油を軽く切ったのちにタレにサッとくぐらせます。
長々と漬けませんね。

ss 034 ss 035

出てきたのがこちら。

ss 036

カツが大振りですが切り込みは入っていません。
これにかぶりつきます。
柔らかいのですんなりと噛み切れます。

なるほど。
これですか!

あっさりとしたタレです。
想像していた天丼とも、ウナギとも違う、そう煮込む前の親子丼のツユぐらい
といった味です。
なるほど。
これですね!

実は朝抜きだったので車中直江津で駅弁を求め食べてきたのです。
(2時間前)
この時にも感じましたが新潟はあっさり味が美味しいですね。
駅弁にありがちなあざとい化学調味料やくどい味付けが控えられているのです。
アミノ酸過多では腹にもたれ乗り物酔いの原因にもなります。
飲んだ後のラーメンが二日酔いを助長するのと同じです。
新潟人は「解っている」のです。


タレかつにはそんな驚きがありました。
甘くどく無く、もちろんアミノ酸など一切無添加。
そして何より素晴らしいのはフライヤーで揚げていない事です。

「タレかつ丼」
今では休日ともなると全国からこの原点となった小さなお店を目指して
沢山のお客様がやって来て、
行列しているそうです。

ちなみにこちらが駅前の観光案内所でもらったマップです。
sy 001 sy 002

今では市内だけでじつに40数店舗がタレかつ丼を出していて、
業種も和洋中問わずの広がりを見せています。

そうなんですね。
何も既成概念にとらわれず、「旨い」を目指すべきなのですね。

そんなあっさり美味しいカツと相性の良い「新潟米」が旨いからこそのタレの
サラリとした味付けが好まれたのでしょう。

肉の下味の事なども含め随分勉強になりました。
gskierさんに感謝。

美味は奥が深い・・・
肉を柔らかく食べさせる技
タレに合わせる下味の技
からりと揚げて何枚食べてもしつこさを残さない油と揚げの技
そして既製のどのカテゴリーにも含まれない独自の味の技
美味しいご飯との総和を取る技

しっかりと勉強させていただきました。
ありがとうございます。
この成果はかならず昼のミニ丼で披露させていただきます。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/683-c0ede62f