2010.04.08 山に水が入る
沢山積もっていた雪も融けてきました。
rap 014

こんな風に山が黒っぽくなった様を
秋田では
「山に水が入った」と言うそうです。
こうなると少々雪が降ろうが氷が張ろうがすぐに融けていくのです。

rap 011 rap 012


そしてその雪解け水がこうしてとうとうと流れ
富山平野を潤します。

そうするとこのように山菜が姿を現します。
rap 003 rap 004


いよいよ始まりました。
今年も山菜のシーズン・インです。
とはいえ、今年は製麺の仕事があるので
例年の1/3も行けるかどうか といったところですが。(TT)

今回は山ではなく里の山菜です。
カンゾウ
ノカンゾウ、ヤブカンゾウなどの新芽です。

以前は漢方の甘草(カンゾウ)の新芽だと勘違いをしていましたが、
どうやら別物らしいことが解りました。

野山に行けば誰でも簡単に見つけられ
誰でも簡単に採れます。

rap 005 rap 006

このようにナイフで根を切り「間引く」だけです。
簡単だからといって根こそぎにしてはいけませんよ。

甘草とは違いましたが、これも甘くて美味しいんです。
食べ方は生でもいけますが、さっとゆがいて
酢味噌、マヨネーズ、などで和えて食べます。

魚貝と混ぜても美味しいですし、パスタやサラダにも応用できます。

ひとつだけ注意しなければいけないのは
食べすぎないこと。

一回に食べる量はひとつかみ程度にしておきましょう。
残りは冷蔵庫に入れて翌日にお楽しみください。
繊維が多いので食べ過ぎるとお腹がゆるみます。

今話題の野草のデトックス効果という奴ですね。

美味しい山菜の部類です。
好き嫌いなくどなたでも喜ばれます。
お寺の精進料理の高価なコース料理ではほんの2切れ程度しか付いてきませんが
自分で採ってくると何日分でも楽しめます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/643-5980f3b1