2007.08.21 昨日のミニ丼
お盆も終わり平常が戻ったのでお昼の「ミニ丼」も再開です。
朝日にあぶられてスーパードライなマーボナスになりました 強菜は冷奴
(無理強いする野菜小鉢  の意味)
漬物は自家製柴漬け。








冷奴の上は山から採ってきたみょうがを小口切りザルに広げて熱湯をザッとかけて火を通したものです。
これをこのままカツオをかけて食べても非常においしいんです。
それと青紫蘇と鰹節。

メインはマーボナス丼ですが暑いので汁無しに近く煮詰めて「ドライタイプ」に仕立てました。
見た目カラッとしてませんか?

でも普通に煮詰めると煮崩れてしまうので干します。
この日は朝から猛暑、耐える茄子 仲良しインゲンと一緒に煮込む日焼けして男らしくなった茄子干し野菜クッキングと呼ばれるスタイルですね。
家の光協会から本谷恵津子氏が出版されています。
ほんの数時間太陽にあてるだけで旨みが凝縮され煮崩れにくくなります。

この手は他のあらゆる野菜にも適用できますがとりあえず次回は冬瓜ですね。

マーボナスにもほかの夏野菜はいくらでも入りますのでアレンジは無限です。
枝豆、ズッキーニ、茗荷、きゅうり、冬瓜、南瓜、トマト、、。
自分だけなら青唐辛子も加えたい所です。

味付けもどんなんでもいけそうです。
カレー味にすると即ドライカレー。
沖縄生まれの「タコライス」風にも出来ますね。
当店お得意の「そぼろ目玉丼」風に目玉焼きを上に乗せればボリュームUP。

さて、朝から3時間ほど猛暑にさらした茄子は表面が変色してしっかりとして男らしくなっていました。
インゲンと煮込むと普通に柔らかく煮上がり、普通に味もよく沁み込みます。

形は崩れませんが思ったより量は少なく仕上がるかな?

完成度は高いのでこれからは当店の人気メニューになってくれるはずです。
デジカメで写真を作り貼り付けて掲示しました。 お値段はいつもと同じ250円。
おかげさまで好評。
一粒残さずにきれいに食べていただきました。  感激

レシピが見たいなと思ったらメールをくだされば返信でも公開でもどちらでもOKですよ。
秘密にするほどのことじゃありませんお気軽にどうぞ。

トップページに戻る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/61-dd645a8e