魚の画像が貯まって来たのでまとめてご紹介します。
まずカワハギです。
qbr 004

冬には肝が大きくなり、身にもあえかなしっとりとした脂が乗ります。
釣り人はウマズラハギと小ばかにした呼び方をしますが、
実は上とされる本カワよりも重宝がられています。

この肝が極上の珍味だからです。
今ではこの肝を摂ることを主目的とした養殖まで盛んになってきたほどです。

アップで見ると良く解りますが面妖な顔にこのおちょぼ口、よく動くヒレでこやつは誠に上手に釣り針からエサだけをついばんで行きます。
qbr 003

その秘密はヘリコプターのような泳ぎ方にあります。
船が上下左右に波に揺られると釣り針もまたそれにつれて動きます。
普通はその微妙な動きが魚の食い気を誘うのですが、こやつはそんな事では騙されてくれません。
その波の動きに合わせて器用に上下左右へと移動し、
エサにぴったりと張り付くようにしておちょぼ口で上手についばみ尽くすのです。

ですからカワハギ釣りにはまったらもう大変です。
のめり込みます。
はまってしまった釣師(ハギ師)にとっては愛しい悪魔のような こやつです。

qbo 014


などという事を思いながらそのヒレ部分を刺身でいただきます。
よく運動しているだけあって独特の食感が美味しいんですね。
そこを肝と一緒に食べるとさらに美味です。
 
qbo 012 qbk 003

釣るのは大変ですが、網ならまさに一網打尽に入ります。


今、富山県魚津市ではこれの大きなサイズを特に選別して関西方面に盛んに売り込みをかけています。
ずばり!
「フグ刺しより美味しいですよ!」
と言うわけです。
そのうち「こやつ」呼ばわりなど出来ない位出世するかもしれません。

では、これの刺身をご紹介しましょう。

カワハギ、地方によってはバクチダイ、バクチウオなどと呼ばれます。
皮をくるりと剥ぎ取ることから相場師や商売人は縁起をかついで食べないと言われたりします。
『みぐるみ剥ぎ取られる』という語呂からです。

その名の通り普通は皮を剥ぐところからさばき始めます。

ところが、表皮のサメ皮は取れても薄皮は残ります。
刺身にするにはこの皮も取らなければいけません。

そこで漁師町ではいちいちそんな二度手間をかけません。
こうです。
qbo 005 qbo 007 qbo 006

頭と腹を一緒に取り、洗ったら皮ごと三枚におろします。
カワハギは小型なら骨ごと薄切りにしてナマスになるくらいに骨が柔らかいので背骨も削り取る位でよろしいでしょう。

そして腹の部分を取ります。
qbo 008 qbo 009 qbo 010


そして、皮つきのまま中骨を避けて剥ぎ取るようにして上下の身をおろします。
この時にあまりにきつく皮まで包丁を入れすぎると薄皮までくっついてしまいますがどなたでも案外簡単にできます。
何故なら表皮のサメ皮が滑り止めになってくれるから行いやすいんですね。
ぜひ、一度だまされたとおもってトライしてみてください。

このほかにもカワハギは料理心をくすぐる利用法が多々あります。
おいおいご紹介していきます。

でも、自分で作るのは苦手だけど『食べたい』とお思いでしたら今すぐ富山へどうぞ!
今、この時期北陸 富山、石川能登ではそれこそどこのお寿司屋さんでもこんな握りが食べられます。
冬の日本海、カワハギの実力をご自分の舌でご確認ください。
qbo 023


















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/593-3b7b9d9b