先日竹を切りに公園に行きました。
ここは竹が暴走し放題になっていて植林した桜やケヤキなどが毎年立ち枯れ
をしているところです。
全国でいまこのように竹林の暴走が大問題になっています。

公園や公有地だけでなく農地一般山林でも同じです。
出来るだけ竹を切って利用しなくてはいけないと思っています。

と、ここまでは私の動機というか前振りです。

この日も竹林に入って作業をしていると枯れた木々が沢山目に付きます。
竹は根の張りが強いから木々は根を締め付けられてこうして枯れていくんです。
人間で言えば首を絞められるのと一緒です。
ひとたまりもありません。
コノヤロメ とばかりに竹を切ってきました。

すると目の前の枯れ木からエノキダケが顔をのぞかせているではありませんか。

qam 002

皆さんスーパーで売っているのは養殖されたエノキダケです。
天然のものはこれが平均サイズなんです。
立ち枯れの高い所から発生するものは株立ちして数は多くなりますが、
傘は小さく
また、地中に埋まっている枯れ木から発生するものは株が小さな代わりに
傘が大きくなる傾向があるようです。
大きいものだと直径10cm近く育ちます。
もちろん諸条件で事情は大きく違いますが、地面に近づくほど大きく育つようです。

これがもう発生しているんです。



です。
学名というか洋名は「ウインターマッシュルーム」と言います。
ずばり冬のキノコなんです。
これからがシーズン入りなのです。
何も深山渓谷に分け入らなくてもいいんです。

こうして公園や河原、散策の山道の傍で簡単に見つけられます。
ただし、食べるなら犬の散歩道からほんの少しだけ藪の中へ入らなくてはいけませんよ。

毒キノコと食用(食菌といいます)を見分ける作業のことを同定といいます。
きちんと同定ができるように整理してポイントをお伝えしましょう。
これを添えなければこうしてご紹介できませんからね。

まず、枯れ木から出ます。(あらゆる木々から)
まれに地中からの発生も見受けられますがこれは地中に枯れ木倒木が埋まっているからそこから出ているわけです。
次に傘にはヌメリがあります。
晴天続きでは乾燥していますが色はほぼこの画像のままです。

傘の裏はこのように粗めのヒダがあります。
網目やスポンジ状のものは食べないでください。
それらはエノキダケではありません。

qam 003

そして決定的なのが茎。
根のほうにかけてビロード状になっています。
シャム猫の足のようでしょ?
これが独特です。

ここまで覚えておけば同定ができます。
藪の中には枯れ木から発生する他の毒キノコもありますから
「疑わしきは食べない」
これを守ってください。

次に発生時期。
今から春にかけて。
雪の降らないところでは今からせっせと探してください。
早い者勝ちで意外な身近な所でキノコ狩りができます。

雪が積もるところではもう諦めてください。
そして雪解けの頃にお出かけください。
ちゃんと残ってます。
おまけにジャマな雑草は押さえつけられているので非常に見つけやすいのです。

私は正月の1/1に河原の藪で大量のコロニーを見つけたことがあります。
必死になって採取していて駐車した車の後ろに他の車が止まっていることに気づかないくらいでした。
相手のドライバーさんもクラクションを鳴らすのをためらうほどの挙動不審作業だったのでしょう。
しっかり場所はばれちゃいました。

コツが解ればあちらこちらと歩いてみましょう。
半日もかければ結構採れるはずです。

そして寒い外から帰ってきたらさっそく下ごしらえ!
土や木屑を除去し、洗ってください。
株立ちしたものはばらして洗いましょう。

それだけでOK
味噌汁、パスタ、炒め物。
鍋物、ホイル焼き。
なんでもOK

味はキノコ番付のなかでも上位にはいる上物です。
保障します。
なによりクキクキとした歯応えがいいんです!  ホント

そしてもうひとつ!
深山渓谷で出るものと貴方の近くの公園の藪で採るのと
味の違いは全くありません!

どうでしょうか?
散歩に行く時の目線をちょっとだけ変えてみませんか?
藪の中には誰にも気にかけられないで朽ち果てていくキノコがひっそりと
発生しているかもしれませんよ!

キノコの正体は菌です。
エノキダケのような木を枯らす力の強い菌をとくに腐朽菌といいます。
森の掃除屋さん  と別名がついているのはそのためです。
私は枯れ木の恩返しと呼びます。
完全に朽ち果てるまで数年間
そのポイントでほぼ毎年の収獲があなたのものです。


そして分解された有機物は土に返り、新たな命としてまた蘇ります。

命に乾杯。

つまみはキノコで。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/566-a7c80109