仕事を離れ一歩外へ出れば飲食店経営とはいえ単なる一人の食いしん坊。
何でも食べに行きます。

と言いたい所ですが、どっこいここでも化学調味料が後門の虎のごとくジャマをします。
化学調味料の入ったモノは食べれない、食べたくない、見たくない。

なので安心できるほんの数件のお店をグルグルと回るのです。
ですが、安心だったうどん屋さんに行ってブログ用の写真撮影の許可をもらい
撮ってから
さあ食べましょう  となってから
『ん? いつの間にか本だしが添加されてる!』  という事もあります。
残念ながらそんなお店はご紹介できません。
例えほんのわずかな添加であっても  です。

一見まともなお仕事をしているように見受けられても
既製品の漬物や普通のカマボコなどをつけているところもいけません。
自覚無くやってるから保障できないのです。

こういう状態になった友人も皆食事には大変苦労しています。

そんな時にはここ一心さんが助かります!
ここは自家製麺で頑張っている私のお手本のお店です。

先日来たらつけ麺を始めていて、しかもかなり美味しかったのでこれは!
と思い今回は大きなカメラと三脚を持って来店しました。

何度も書きますが、私の姿勢は  
コソコソと隠し撮りしたピンボケ写真をネットに公開するのは料理人に対して
失礼なので、しっかり許可を得てできるだけきれいな画像を出す。
というものです。

この日も店主の中村剛志さんに許可を求めた所
快諾をもらえました。
努力家で真面目な好青年なんです。

メニューです。
一心さんのメニュー メニュー 期間限定メニュー


とセッテイングやらイタズラなどをしている間に登場しました!
先日はカレーつけ麺でしたが今回はこれです。
ひじきご飯のランチとつけ麺


柔らかめに茹で上げた麺を冷水で洗ってきりりと締めてあります。
麺の歯応えとツユの相性を楽しんでいるとあっという間に食べきってしまいますが量は通常の1.5倍の麺なんだそうです。
トンコツと魚貝がよく麺にからみます なまめかしい麺 ちょうど食べ頃の量なんです


割りスープも初めから頼むのがおすすめ。
好みの味に整えられます。
これって結構すごいことなんですよね。
つけ麺をやってるところでは普通に見られますが、
じゃ、蕎麦屋さんではどうでしょう?
熱いからレンゲで扱いましょう 蕎麦屋さんで誰もが夢見る自分好みの塩加減が簡単にできます


ありえない事です!

好みの塩加減で食べられるのが嬉しい つけ麺。
なるほど流行るのも無理ないですね。

この日はお昼のランチご飯がひじきご飯(100円)でしたので
両方でおなか一杯でした。

ご馳走様でした!

一心さん
安全で美味しい物を提供したい  という一心で努めているそうです
















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/564-8f190a93