現在の場所に移転してきてからほぼ20年たちました。
バブル経済の末期にこの土地を求めた時には高価だった地価もずいぶん下落しているようです。
地価下落は財産価値の下落と考えるならば深刻なのでしょうが、
実際には土地を売る必要がある人だけの話であって持ち続ける人にとっては別段困ることは何もありません。

ここはおまけに新しい道路が出来た時に片側が封鎖されるという前代未聞
(市当局者談)のケースとなりさらに価格下落を招いております。

普通そこまでやると固定資産税もかなり下がるはずなのに逆に上げる という離れ技をやってのけるあたりなかなか只者ではない当局なのであります。

闘う自営は自衛しなければなりません。
中国料理店からラーメン専門店へと形態を変えてしぶとく粘ってまいりました。

いつでも外野からは絶望的な観測ばかりが聞こえてきました。
しかし、頑張り続けると
「あれは単に場所が良かっただけな僥倖だ」とも言われます。

はなからそんな無責任な声は無視してひたすら己の信ずる道だけを見つめて来ました。
こうして店内を見回すとヌーベルシノアに活路を見出そうとしていた頃を思い出します。
qai 045


毎年正月空けに新年会を催していただいたあの会社、あの方々と思い出は尽きません。

でもいったん決めたからにはそんな感傷にも用はありません。
「河を渡った」のです。
忌野清四郎が歌ったようにまだまだ河を渡り続けねばなりません。

真の活路は自分で拓かないといけないと信じるからです。
それにはしっかりと自分の進路をコンパスで定めなくてはなりません。
航路チャートはこの頭の中。

今日からスタートします。
12月初旬のオープンまで忙しくなりそうです。

qai 046








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/559-53575e3a