さて、毎秋にはキノコご飯がお昼の定番です。
特に深い山中で栽培される半天然ものや近隣の山で収獲される天然モノがこれから出回りますと最高のご飯になります。

マイタケ、ヒラタケ、ナラタケなどがよく手に入ります。
paa004.jpg
(ナラタケご飯)

キノコご飯はどういうわけか何時ものような、
いったんダシで煮てから炊き込むという手法よりそのまま直に炊くのが美味しいコツです。
ダシは上等の昆布、能登のアゴだしで濃い目のを用意します。
それに純米酒と塩、醤油少々。
これだけです。
みりんは入れません。

洗った米をジャーに入れ、ダシを分量どおり入れます。
具材を硬い順に乗せていきます。
ささがき牛蒡と人参
細かく刻んだ油揚げ
そして今日は半天然栽培のマイタケです。
obu 018
(マイタケご飯)


煮上がってくるとマイタケのかぐわしい香りが店内に充満します。
秋の恵み はお腹のすいた時間帯に染み渡ります。


こうしていつものお昼はこなしています。
でも一年に一度の日なのに平常どおりではつまらないですよね。
この日にはとっておきのキノコを用意してあるんです。
青森の知人から送ってもらった

「ブナハリタケ」

もちろん天然モノ。
八甲田山で採ったものです。
はっきり言って貴重品です。
香りが強くまさしく 「芳香」これで炊くと
芳しい深山の香りにクラクラとするほどです。

これでご用意させていただきます。
キノコ好きにはたまらない香りと歯応え
間違いなく第一級品のキノコご飯です!!

これだけをお買い求めになるために電車で来ても充分ご満足をしていただけるほどの美味です。

1パック 300円 の予定。
10/31
安住町サンシップビル 2F
チャレンジショップ  にて
お待ちいたします。
まだまだ続きますよ!








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/551-c9643e41