br_banner_kingyo.gif



ナスを使った冷たいパスタです。
とは言っても茹でたり、蒸したりはしません。
ナスには油が合いますのでいったん炒めてから合わせます。
焼きナスも熱いうちにダシに漬け込んだ方が美味しい冷焼きナスになるように、
しっかり炒めて味付けをした後冷やします。

ナスは何にでも合う素直な奴と思われがちですが、どっこい夏野菜のはしくれ
強情な一面も持っています。
ですから油や味噌と相性がいいんですね。
今回はそんな強情な性格を引き出すため、ただEVOオイルだけじゃ退屈ですから個性の強い2種の副菜を用意しました。

ひとつは 「能登のいしり」 ご存知イカの魚醤です。
あまり知られてませんが魚醤とナスは相性抜群!!。
もうひとつは「サバのへしこ」を焼きほぐして加えます。

EVオリーブオイルにニンニクを入れて点火。
香りが立ったらナスやへしこその他お好みの具材をしっかり炒め下味を付けておきます。

oaw 079

スパゲッテイを茹でている間に超冷たい水を用意します。
水に氷を入れただけじゃいけません。
よーくかき混ぜます。
ボウルの外側に水滴が付くぐらい冷やしたら準備完了。
oaw 081 oaw 083 oaw 082

ナスをボウルに移して冷まします。
氷が溶けたら新たに加えます。
柔らかめに茹で上げたスパを流水で洗って水を切り投入。
塩コショウで味を整えつつ、良く混ぜて冷やしつつ
「行者ニンニク醤油漬け」、プチトマト、海ブドウなどを加えていきます。
慌てることはありませんが、のんびりもできません。
味見をしつつ、パスタの芯の芯までキンキンに冷えたら完成です。

夏は冷たいのがご馳走です。
ただ流水で洗い流しただけの「単なる熱くないパスタ」では冷製とは言えませんね。

oaw 084

思ったとおり、いしりとへしこに合わせる事でナスのしたたかさが良く味わえます。
懐の深い野菜です。
海ブドウがプチプチと歯応えも軽やかでとても美味しい一品に仕上がりました。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/528-559ac118