br_banner_kingyo.gif

梅雨が明ければ本格的な夏本番。
冷たいものが欲しくなります。

でも、クーラーや冷蔵庫がまだそんなに普及していなかったほんの少し昔のお話です。

ある有名人のエッセイから記憶を頼りに拝借しましょう。

東京で冷やし中華が食べられ始めた頃の事、
友人と二人で海水浴に行った。
帰りにおなかが空いて地元の食堂に入り
冷やし中華を注文する。

ところが待てど暮せど出てこない
友人がそっと調理場をのぞいてきて「おい、こりゃだめだ」と言う。

聞けば小母さんが熱いラーメンを深井戸に降ろして冷ましているのだと言う。
時折釣り上げては首をかしげまた降ろしているらしい。

しょうが無い、僕達は諦めて待つしかなかった。
しかし、さんざん待たされてようやくありつけたそれは格別の美味だった。
(拝借)

今となっては笑い話です。
でも、私には笑えません。
夏に涼しい所といえば深井戸の中ぐらいしかなかったのは事実です。
私はこの食堂の女主人の誠実さと努力に敬意をはらいます。


イタリアには元々パスタを冷たくして食べる習慣はなかったそうですが日本で盛んなのを見て今ではあちらでも食べるようになったそうです。
日本人の食欲の旺盛さには各国、各界ひきずられて良く似た話があちこちにありますね。

ところがパスタは本来熱いもの→熱くなければそれだけで「冷製」と勘違いをする人が多いのです。
そこで、今回は正しい冷製パスタをご紹介します。
素材は「アマエビ」
そう富山湾のパスタです。

アマエビは飽きやすいエビです。
いえ、もちろん取れたての超新鮮なものなら飽きはきません。
どれだけでも入ります。
エビは本来分解の早いものなのです。
ですからそれだけアミノ酸吸収の早い優れた食品なのですが、味の落ちるのも早く
食べ飽きやすいエビだというわけです。
見極めは皮を剥きづらいかor剥きやすいか  でしょうか(すごい雑&適当)

だから北陸ではお刺身以外の美味しい食べ方を模索するのです。
ある人は餃子に丸ごと包みました。
またすり身団子にして吸い物仕立てにした人もいます。
私は今の所昆布じめぐらいしかしなくなりました。

さて、横道はこれぐらいにいして冷製に行きましょう。
やはりアマエビは冷たい料理により適しているときっと納得してもらえるはずです。

  oaw 042 oaw 043 oaw 045

スパゲッテイを塩を加えた湯で柔らかめに茹でますが、今回は茹で上がり直前に椎茸を投入。
一緒に洗います。
冷やすと麺が締まります。
柔らかいくらいがちょうど良い加減になります。

ボウルに水と氷を用意。
それだけでは冷たくはなりません。
よ-く かき混ぜます。
すると氷が溶けます。 新たに氷を追加して準備完了。
ボウルに入れたスパゲッテイを上に乗せます。

冷やしたアマエビ、トマト、青紫蘇、能登の行者ニンニク醤油漬け
を入れ、
塩、コショウ、オリーブオイル少々
醤油少々で調味。
  oaw 046  oaw 049

あわてる必要はまったくありません。
ゆっくり味を整え、味見をしつつ
まぜまぜしながら全体をよく冷やし、味を浸透させます。

そうしているとパスタの芯までキンキンに冷えていきます。

これがご馳走です!

冷えたく冷えた麺、トマト、そしてプリップリッのアマエビ!

これが冷ですね。
水洗いしただけのパスタはやっぱり 単なる「熱くないパスタ」でした。
oaw 052

ちょっと手をかけるだけでこんなに美味しくなります。
手抜きをしていると冒頭の食堂の小母さんに
「ちゃんとやんなさいよ!」って
叱られてしまいそうですね。


富山湾の夏のパスタです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/525-8224f3dd