レンコ鯛と言うのは正式な名前ではありません。
黄鯛です。
nrhm 021こんなオデコをした器量良しです。
焼いて食べると真鯛より美味しいと人気の魚ですが
今の時期「花見鯛」、「桜鯛」などと呼ぶ人もいます。
今回はこれをタケノコのちらし寿司に使います。

湯引きしたレンコ鯛三枚におろしてサラシをかぶせ熱湯をかけます。
氷水に冷やして、水気を取ったのがこれです。

皮目が黄金色になりました。

nrho 003そこで白梅酢に浸して薄味をつけます。
梅酢には塩味もありますから丁度良い味になります。

湯霜作りにしてあるので表面に味がつきやすいようですね。

nrho 004酢飯にレンコンを混ぜます。
nrho 005
次いでタケノコ、人参、ぜんまい、椎茸、
揚げを醤油で煮含めた具を混ぜます。

家庭風です。
最近握り寿司は回転寿司などで手軽に食べれるようになりましたが、家庭で食べるのが普通なこういうちらし寿司を外で食べさせてくれるところはまだまだ少ないようです。
    nrho 009 nrho 010
お皿に盛り、白ゴマ、海苔、錦糸玉子を乗せます。

nrho 016
最後に鯛を乗せて完成。
この手のちらしはどういう訳か砂糖や酢をあまり感じさせません。
あっさりと美味しく出来上がりました。
今年は暖かくて桜はもう散ってしまいましたが、やや遅めの花見寿司です。




banner_br_sakura.gif






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/495-a84b0d57