banner_br_sakura.gif
銀座グルメセラピーさんの所であ・ら・れ・丼を拝見してから作りたくてしょうがない日々です。

因果な性分で美味しそうなものを見るとこうなります。
食べたい  より 作りたい が先に来ます。

残念ながら今は定置網が上げられている状態で浜は魚種が少ないので出来ません。

よし! こうなったら代わりのネタで趣向を変えてチャレンジ!

というわけで、この日は炊き込みのア・ラ・レ・にトライ します。

 nrhb 009 nrhb 010
肉、牛蒡、レンコン、こんにゃく、椎茸、人参、コーン、シメジ、などを細かく刻みダシで煮上げておきます。
エビ、イカは生のまま炊く直前に混ぜ込みます。
今は麦イカの柔らかい時期ですからご飯によく馴染み、甘味がもらえます。
野菜ネタだけなら「かやくご飯」ですから肉や魚貝を混ぜて炊いてしまおう と言うわけです。

それだけじゃまだ寂しいので天盛りにキャビアを乗せましょう!
いえ「畑」の方の  です。

畑のキャビア   別名トンブリ  ん?

逆でした トンブリ  別名畑のキャビア  ほうき草の種子です。
これをさっと熱湯に通し、冷水で〆ます。
これだけでもさっぱりとして美味しいんですが
もう一工夫してご飯に負けないようにしてやりましょう。

かつお節と生タラコの醤油漬けを加えて見ると?

うーん  畑から浜辺くらいには来ましたか?
浜辺のキャビアです。
 nrhb 007 nrhb 008
 nrhb 012 nrhb 015

ここでご注意。
米と同量かそれ以上の具材を入れて炊き込みご飯を炊くと案外美味しく仕上がらない事があります。

ぱらりと炊き上がるからなんですね。
具沢山の物を作りたければ適宜「もち米」も加えてください ♪

スプーンで食べるのなら少々パラついていても何とかなりますが、
私達は「お箸」で食べますよね?
ここが不思議なんですが、

箸でつまめない バラけるご飯って美味しく感じないのです。
いくら味付けが良くても、具材がどんなに豪華でも  です。

お米のもっちり感  ふうわりと箸でつかめる感じが大切なんです。
でも、具沢山にしたい  
その対立を取り持つのが「もち米」の粘り力なのです。

nrhb 017
はい、今日も美味しくできました。
畑と海の恵みに感謝。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/481-88e7cf56