またまた日替わりミニ丼の画像が溜まってしまったので一挙掲載です。
例によって全品250円 小鉢付き。
ただし、ラーメンとセットでのご注文となります。

ni 004能登カキのチリソースかけご飯です。
今年の能登牡蠣は身が大きくぷっくりとしています。
辛味を抑えて小辛で。
小 とは小学生でも食べれる程の辛さという当店での表現です。      

nj 013これも能登牡蠣の醤油煮込みかけご飯。
中国料理ですが食材には国産しか使用していません。
紅焼(ホンソウ)という調理です。
これにはスープを使わないのでご家庭でも簡単です。

9.1.27 008特殊な豚肉でトライした、
中華丼ですが、汁気を極力抑えてアンかけではないスタイルで。
具を多目にしてザッと強火で作るのがコツ。

9.2.5 036小鯛の押し寿司です。
小鯛は淡白なので、シャリの間にマグロふりかけを仕込みました。

邪道だとお叱りを受けそうですが、
9.2.5 042ラーメンに合わせるのなら
これ位がちょうど良い感じです。
最近はお絵かきをするのが忙しい朝の楽しみです。
魚の絵を描くのも楽しい(美味しい)仕事。

9.2.5 027ポチそぼろ丼。
従来はそぼろ目玉丼と目玉焼きでやっていましたが、ポチドエッグがよろしいようです。
肉には植物油が合わないんじゃないかとますます思うようになりました。

9.2.5 003月見鶏すき煮丼です。
これもジビエではありませんが鶏油で焼いてから作ります。
半熟卵の加減に気をつけて仕上げます。
潰れてしまったら悲惨ですたらーん

don 008パエリャ。
この日は冷凍ながらムール貝が安く手に入ったので
その他の魚貝と合わせて作りました。
ホタルイカやガスエビが入れば
「富山湾の」と冠がつきます。 にょろん

ww 002煮込みハンバーグ丼。
ダシはガラスープ。
味付けは和風。
仕上げはブラウンソース。 
それらを結びつけるのが鶏脂。
しっかりとコクがあり、くどくなく もたれません。

ww 017またまた能登牡蠣。
これは「牡蠣のおぼろ丼」
しっかりと火を通して卵でとじました。
牡蠣は亜鉛が豊富、男の元気の源ですが
これが不足すると味覚オンチになるそうです。
冬には積極的に摂りたい食品です。


おかげさまで好評をいただいております。
いつかリクエストセールを実施したいと考えています。
こんなメニューばかり毎日考えて過ごせる幸せをお客様に還元したいと思っています。



自然薯とろろご飯はこちらからどうぞ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/449-cfc446a3