年末はミニ丼お休みしていますが撮り溜めした画像で書きます。

IMG_7404.jpg IMG_7405.jpg IMG_7406.jpg

鶏牛蒡飯の要領で材料と鶏肉の下準備を前日からやっておきます。
前回は鶏油で炒めました。
同種の脂で炒めると炒めた と言う事にすら気がつかない仕上がりになります。

それも旨みを閉じ込める技ではありますが、その他の方法として「焼き」を行ってみましょう。

ダシの水気を切って片栗粉をまぶし 馴染ませて置きます。
IMG_7408.jpg
焼きます。
それでも余分な脂は落ちますから
適度なあっさりに仕上がるんです。

注意しなければいけないのは包丁は冷めてから
ローストビーフのように卓上で切ってサーブするとか出来立てをいっせいに食べ切ってしまうなら焼きたてをすぐ食べるのも美味しいんです。

これはラーメンのチャ-シューでも同じです。
加熱すると収縮しますから熱いうちに包丁を入れると切り口から肉汁がダアァーツと流れ出てしまいます。

それで、切った一切れはとても美味しくて「最高!」などと喜んでいると残りの大部分は抜け殻になってしまっているのです。

今回は炊き込みご飯が出来るまで出番はありませんから放置しておきます。

ご飯が炊き上がったら刻んだ照り焼きをざっくり混ぜ込み蒸らします。

保温器に移して完成です。
盛り付けたら「ヤキトリのタレ」をたらりと垂らして海苔を散らして出来上がりです。

IMG_7417.jpg IMG_7419.jpg

炊き込みご飯は少しだけ薄めに炊きます。

IMG_7418.jpg

ヤキトリのような感じのするしつこくない炊き込みご飯です。

焼き立てをすぐカットしてタレと海苔だけで仕上げる「照り焼き丼」も、もちろんOKです。
いつもはむしろそのタイプでやっています。

炊き込みご飯も照り焼き丼も美味しいのですがミックスさせると尚美味しいのです。



おいしい親子丼はこちらからどうぞ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/403-f02a412d