北海道産で有名な「ハッカク」です。

IMG_7347.jpg
ここ富山湾でもたまに上がります。
つぶらな瞳におちょぼ口。
鯵のゼイゴのような鎧で全身を防御しているかのようですが美味です。

IMG_7348.jpg IMG_7349.jpg IMG_7350.jpg

小型~中型までしか上がらないのが残念なところです。
頭を落とすと見事な八角。
香辛料の八角(スターアニス)とは縁がありませんからクセのないきれいな白身です。
甘い脂が乗っていて高級魚だというのも頷けます。
寿司ネタとしては高価な部類だということです。

「上品な旨さ」と評したものも見かけますが私としてはそれほどとは思えませんね。
もちろん、海域や餌の違いということもありますが。

富山ではそれほどのおもてなしはされていません。
脂の乗った、割と美味しい白身魚  というだけです。

それよりもとにかく歩留まりが非常に悪い!
それで高価にしなければお寿司屋さんの利益が出ない、というところが高級魚と言う事で変換されているのではないか と思われます。

この高価=高級魚という図式はある意味非常に説得力を持ち単純な味比較論を蹴散らしてしまいがちです。
味覚には個人差がありますが貨幣価値にはほぼ共通の物差しがあるからですね。

ですが今は世界的な金融不安の時代。
お金に置きなおすクセをそろそろ改めて自分の舌を信じ安いものであっても本当に美味しい物を探して欲しいと思います。

ここ富山湾ではハッカクはただ珍しい魚というだけの存在で高級などという冠はついていません。
そんなものなどいらないよ  といった顔をしてますね。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/396-e38a61eb