2008.10.20 ワタリガニ
IMG_6721.jpg
またまたワタリガニの出番です。
とても美味しい料理に化けてくれますから世界中の料理人に愛されています。
ヨーロッパではブイヤベースに入り、タイではトムヤンクンなどにも入ります。

ですが、現場すなわち漁師さん達はどうでしょうか?
はっきり言ってとても嫌われています。
少なくともここ富山で私が聞いた限りでは異口同音です。
「大嫌い!」イイイイイイ~~~~~
何故かって?

かつてカニカゴで獲っていた時にはさほどではなかったんです。
あ、そうそう そこから話をしましょう。
定置網というのは富山県氷見市が発祥なんだそうですが、このカニカゴも富山県人が発案したそうです。
それからサザエカゴ、エビカゴなどいわゆるカゴ漁としてのジャンルが広まっていくんですが、、。

カゴの中に不要な魚の頭などを入れて漁場に沈めておくだけで簡単にわんさか取れるんですからあっというまに世界中に広まりました。

しかし、今は自粛されています。
乱獲を防ぐというのもありますが、ワタリガニなどの浅い海域ならまだしもズワイガニなどはとても深い海底で仕掛けられます。
それでカゴを深い海底から引き上げる時にまれにワイヤーが切れて落下する事があるのです。
そのカゴはどうなるのか?

永遠にカニを獲り続けるのです。

餌が無くなればカニ自身が餌となり仲間をおびき寄せます。
カニは共食いする習性があるからです。

おとぎ話の石臼は塩を永遠に吐き出す というものでしたがこの化学繊維で編まれたカゴは朽ち果てません。
永遠にさながらブラックホールのようにカニを吸い込み続けるのです。

それで今は自粛傾向になったそうです。

そして昔に戻り網で捕獲しますが、ご覧になれば解ってもらえると思います。
このカニにはやたら突起物が多い。
それで網に絡みやすくなり、獲れるわけなんですが今度は網から外すのが一苦労なわけです。

どうしょうも無い時にはハサミで網を切ります。
奴も命がけで攻撃をしてくるからです。

IMG_6722.jpg
これでつままれると本当に痛いんです。汗→ むかつく

それでようやく網から外し終わり出荷すると全漁場からいっせいに出物が集中するから値崩れして安い
(そこが有り難い所ですが)
漁師さんはそれで終わりではありません。
普通の魚ならそこで終わりなんです。
お酒でも飲んで昼寝ができます。

カニ網は自らハサミで切ったところを補修しなければいけないのです。
それでボソッとつぶやくのです。
「オラァ こいつがいっちゃん嫌いや」
訳(俺はこいつが一番嫌いだ出来ればこんな奴は獲りたくないんだ)

解ります!
お疲れ様です!
感謝しています!
あなたのお陰で美味しい物がいただけます!

でもまた行って来てください!
お願いします!

何故かって?

美味しいからです!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/382-b9527fe8