FC2ブログ
友人の寿司店の通販サイトです。
http://www.kouzushi.com/konowata.htm
ここの能登穴水産「このわた」が凄いです。

ところで、「このわた」はもちろんナマコの腸の塩辛ですが普通は竹筒に入って常温で販売されています。
それで売れ行きの早いお店で買うのならまだしも、そうでもないお店で買うと失敗することがあります。
中で溶解寸前のものに出くわす事があるんです。

その点ここの「幸寿し」さんの品はさすが本場だけあって素晴らしいの一言に尽きます。
まず、新しい!
適塩!
熱々のご飯に乗せて海苔でくるんで食べると至福の味わいです。
ご飯の味方としてはそれをふくらませてお伝えしなくてはいけないのですが、今回はあえてパスタです。

ところで、ナマコはどこにいるのかご存知でしょうか?

当然ながら海です。
砂泥混じりの海底をゆっくりと匍匐前進しつつ海底の餌を摂りながら移動するのです。
通過した後には延々と排泄した砂の帯が続きます。
貝やホヤ、ナマコなどはそういう意味では海を浄化してくれているんですね。

ですが、
ダイオキシンなどで汚染されたヘドロが堆積するようなところでナマコやカキなどを採っても絶対に食べれませんよね?

能登にはこれといった大型の工場はありませんでした。
それで地元の学校を卒業した子供たちはほとんど都会に出て行ってしまうのです。
私達もまたそうして出てきました。
巨大産業のない能登はその地の利の悪さから「サザエの尻尾」とまで揶揄されたこともあったそうです。

今は空港もできて大変便利になりましたが大きな工場が無いのには変わりはありません。
でも、能登が変わらないのに世界がぐるりと暗転でもしたかのように大きく変わりました。

きれいな海
それこそが宝の海だったんです。
いまだに子供たちがサザエを素潜りで獲れる底まで見える透き通った海。
その場で石で叩き割ってすぐに口に入れて食べても安心な海。
今もそうしてきれいなままで残っていてくれてたんです。

能登にはキノコも沢山採れます。
マツタケの産地としても有名ですし、気候の変動のせいか最近ではマイタケまで出るようになったそうです。
その他おそらく皆さんはご存知無いだろうと思える美味しいキノコが沢山あります。
「ジコウ」「コロミタケ」などの横綱クラスの前にはマツタケすらかすんで見えます。
そんな美味しいキノコが採れるのはやはり山もきれいだからなんです。

その山から流れ出る栄養が美味しい海の幸を育んでくれるのです。

このわたは長いですからまな板で十文字にざっくり切ります。
それで小鉢に入れて肴にするんですが、溶けかかったようなのはまな板にべっとりとくっつきます。
ところがここのは全くくっつきません。
腸管の姿そのまま汁気も無い状態です。
するすると持ち上がるではありませんか!
つまみだけではもったいないです。

IMG_6600.jpg万能葱、みょうが、赤イカ、にんにく、青唐辛子などを控えめに加えてオリーブオイルと塩でサクッと炒め合わせました。
パスタの作り方と言うよりヤキソバの製法に近いですね。
仕上げに「このわた」を入れてひと混ぜして最後は刻み海苔。


それに合わせるのがワインじゃいけません。

このわたとくれば絶対日本酒!

しかも、ご飯の味方としては「純米酒」
今日はキンキンに冷やした新潟の秘蔵酒ガンコな蔵の「鶴の友」
冷やして軽やか、燗をつけると独特の香りが立ちます。

能登穴水の「このわた」と生パスタで至福の夕餉でした。






関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/366-308f22ad