常備菜や保存食、伝統食などといったものは各家庭で味やレシピは違います。
それを詳しく書く事には若干の躊躇がありますが、その反面伝えていく事もまた誰かがやらねばならぬ事だとも思います。
というわけで簡単に書いていきましょう。
もっと詳しくお知りになりたい方がもし、おいででしたらメールやコメント欄でどうぞ。

1、フキ味噌_ふきのとう、味噌、砂糖、みりん。
  A、生を刻んで油で炒めてから味噌を加え味を整える。
  B,フキノトウを茹でて水にさらす。
   刻んですり鉢で摺る。
   味噌を加えて味を整える。
 Aは日持ちが良いが風味は変わる。
 Bは味噌自体が非加熱なので日持ちは良くないが風味は良い。
 どちらも冷凍すれば一年以上は持つ。

2、3、唐辛子味噌_唐辛子、葱、味噌、砂糖、みりん、醤油。
  (青、赤、共通)
  刻む。 辛味に応じて刻み葱も多目に用意する。
  フライパンで刻み葱をよく炒める。
  刻み唐辛子を入れて炒める。
  味噌、その他を加え味を整える。
  辛味を砂糖だけでやたら甘く誤魔化す市販品が多く出回っているがこれは最悪。
  「料理を旨くするのは砂糖、最もまずくするのも砂糖」という格言を揚げて置く。
  砂糖ではなく、炒め葱の甘みでコクを出す事で格が上がる。 

4、海苔佃煮_海苔、醤油、みりん、砂糖。
  水に浸してふやけさせ煮込む。
  醤油、みりん、砂糖で味付け汁気がなくなるまで煮詰める。
  焦げやすいので仕上げ間際に特に注意。
  単純だが良い海苔と醤油が決めて。
  良い海苔とは香りの良いものを指す。食感や価格ではない。

5、6、梅干、紅生姜省略

7、エノキダケ佃煮_エノキ、しいたけ、醤油、水あめ、砂糖、唐辛子。
  適宜刻んでたっぷりの水と煮る。
  泡立ってきてアクが出たら取る。
  調味料を加えて煮詰めていく。
  トロミが出ると焦げやすいので注意。
  既製品とかなり味わいが違う一品になる。
  常備菜に最適。

8,9、青のタバスコ、ケチャップ略(既出)

           
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/360-38c50aae