2008.07.29 夏の珍味
IMG_6222.jpg
豪雨が空けて夏空が帰ってきました。
そろそろ夏の山菜「ノカンゾウ」(野甘草)「ヤブカンゾウ」の花が咲く頃です。
またぞろ様子をみに山に出向く日が多くなりそうです。

カンゾウは根が甘いので漢方薬の苦味消しに使われます。
芽は春の山菜ですっかり御馴染み。
酢の物や和え物、天ぷらなどで楽しまれています。

夏には花や花芽が美味しいんです。
さっと茹でておひたしや酢の物になります。
浮世の嫌な事や、つらい事を忘れるほど美味しいので確か「忘れ草」(だったかな?)と呼ばれていたような記憶が(今度調べて置きます)

でも、夏特有の黄色い大きな花といえばかぼちゃの花もありますよね。
イタリアではこれを食べるとどこかで読んだ記憶があり、カンゾウの花と良く似ています。
おそらく食感も近いはずです。
カンゾウの花をよく使うのは中国料理ですが、
世界中で同じように美味しい花をたべているんだと思うとなんだか嬉しくなります。

子供の頃の夏休みの記憶が蘇るような一日です。

IMG_6381.jpg

IMG_6378.jpg



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/357-1cd2270a