2008.06.24 なめろう
鯵の「なめろう」
房総の名物料理ですが、
こちら日本海側ではムロアジの良いものが少ない為たまにしか作れません。
真鯵では身が柔らかいので不向きなのです。
もちろんムロアジでも身が柔らかくなってしまったものはいけません。

ムロアジは活きの良いものを氷水でガンガンに締めなくてはなりません。
魚体はずんぐりして丸々とぷっくり太り脂が乗り栄養満点で産卵に接岸してきました。

3枚におろし、腹骨をかき取り、皮を引きます。
ある程度細かく刻んだら青紫蘇、生姜、味噌を加えて包丁で叩きます。

いわゆる「鯵のたたき」と違いパラパラっとした盛り付けではありません。
脂としっかりとしたムロアジの粘りとですり身に近い物になります。

IMG_6017.jpg

無くなると皿をなめるほど旨い という意味の「なめろう」ですがやっぱり美味しいです。
たっぷりの脂が決めてですね。
刺身もいいんですが、脂でしつこくなります。
なめろうの方がしつこく感じません。

富山では「氷見(ひみ)」に良く似た郷土料理があります。

すり鉢で摺るんです。
味噌や薬味を入れるのも同じです。
どこでも漁師さん達は同じような品を作り出すんですね。

このすり鉢で摺ったものに氷水と輪切り胡瓜を入れてかき混ぜたものが「冷汁(ひやじる)」「ガワ汁(がわじる)」
これは何処の郷土料理だったかは忘れました。
いかにも夏の料理です。

今日はなめろうを焼いてみました。
さんが焼きです。
IMG_6012.jpg IMG_6015.jpg


これはこれでまた味わい深いです。
アワビの殻に貼り付けて焼いたり、紫蘇でサンドイッチにしたり、油を引いて焼いたりなどいくつかのパターンがあるそうです。

なめろうはムロが一番ですが、さんが焼きにはイサキが一番なんだとか、。
こちらではイサキは上がりません。

太平洋岸が羨ましいですがこの温暖化でそのうち獲れる日が来るかも知れませんね。
最もそうなるとあまり喜んでばかりもいられません。
なにしろ最近のニュースでは2050年には海の魚は一匹もいなくなってしまうというショッキングな話が出たばかり。

日々感謝の心で魚をいただきます。
命がけで魚を獲ってきてくれる漁師さんにも合掌。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/337-3aa0d84c