2008.06.22 そらまめ
ソラマメは空豆や蚕豆と書かれますが、
例えば卵料理に玉子というゲンの良い漢字をあてるように天豆とも表記したりもします。
意外に高価なので使う機会の少ない豆です。

IMG_5878.jpg畑では空に向かって直立しています。
サヤは立派でも中はせいぜい2~3粒。
一人ぼっちのもいます。

ですから歩留まりは悪く
高くつくんですね。
IMG_5879.jpg
中はふかふかの羽毛布団のようなクッション。
まるで真綿にくるまれたかのように大事に育てられています。

このなり口がまるで唇のように見えます。
IMG_5880.jpg
唇を取ったら黒い筋。
ここは「おはぐろ」と呼ばれます。
ね?
なんというか辻褄が合ってるでしょ?

IMG_5875.jpg
このお歯黒に切り目を入れて調理の始まりです。

お湯を沸かしてやや多目の塩と酒。
独特の風味を弱めるためにも酒は必至。
豆を入れたら2分。
「え?こんなに早く?」で十分です。
余熱で程よく火が回ります。
ザルにあげてそのまま冷まします。
水で冷やすとシワが出たりして綺麗になりません。

お浸し_熱い出しに醤油味をつけて剥いた豆を入れて自然に冷ます。汁ごと盛る。
サラダ_そのままか皮を剥いてサラダに。
炒め物_皮を剥いてネギやイカなどと炒め物に。
粉焼き_塩、小麦粉をまぶしてフライパンで空焼き、焦げ目がついたら完成。
すり流し_皮むき、裏ごしする。 
      ダシに塩、酒でやや濃い目の味付けをし、良く混ぜる、冷やしていただく。

ゆでないで生のままでも調理できます。
お歯黒に切り目を入れて
ホイル焼き_アルミホイルに醤油を垂らして包み焼きします。
        フライパンで弱火で7~8分
IMG_5874.jpg
こんな感じです。
醤油味が濃いところと薄いところが出るので食べ飽きません。
でもこの皮はいかにも消化が悪そうなので胃腸の弱い方はご用心!


かき揚_生のまま皮を剥きばらします。
IMG_5812.jpg
干しエビとかき揚にします。
からりと揚げれば豆はほっくりと香り立つ美味しさ
やっぱり空豆には独特の贅沢な美味しさが確かにあります。

IMG_5808.jpg

因みにばらすと二枚の板状になりますので中国語では「板豆(バンドウ)」と呼びます。
これで仕込んだ唐辛子味噌が皆様ご存知「豆板醤」です。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/335-2f8e3104