2008.06.12 有峰林道
有峰に行ってきました。

IMG_5896.jpg IMG_5901.jpg

昔、ここには有峰村がありました。
今は巨大なダム湖の下です。

標高1,000m地帯ですから道端にはまだ雪が残っています。
IMG_5887.jpg

するとそんな雪解けの所には遅い「小さな春」が展開されています。
IMG_5888.jpg IMG_5889.jpg

IMG_5893.jpg IMG_5890.jpg


フキノトウ、ねこやなぎ、ぜんまい、トリアシショウマなどです。
ここ有峰は山菜の宝庫、沢山の人が6/1の開通を待ちわびていっせいに入山します。
こういう標高の高い所や険しい山の谷沿いでは雪が溶けるといっせいに芽吹くため下界とは時系列の違う出方をします。

下界では一番にフキノトウ、2番にゼンマイとなり随分経ってからウド、タケノコなどが出ます。
こういう所では短い季節を必死に取り戻すかのようにいっせいにスタートします。
混合レースの様相です。
雪解けの傍で開ききらないフキノトウと萌え出たばかりのウドが同時に見つけれるというのも珍しくありません。
今日はウドとタケノコ(ネマガリタケ)ヨシナ(ミズ、カタハ)を収穫しました。
時系列的には不思議な取り合わせです。

聞く所によれば真夏にタケノコの採れる所もあるそうです。
IMG_5897.jpg
これはヨシナ(ミズ、カタハ)です。
別名が示す通り水気の多い所に多く出ます。

そんな所は夏には涼しいので蛇が好みます。
それで別名「ウワバミソウ」とも呼ばれます。
もちろんヨシナにはなんの関係もありませんが迷惑な名前もあるものです。

青と赤があります。
加熱すると見分けがつかなくなりますし、味にも違いはありません。
それぞれ青ミズ、赤ミズなどと呼ばれます。

ここでは混在しています。

カタハという呼び名は単葉生だからです。
一枚づつついた葉の根元にはもう「ムカゴ」が付いて早くも子孫を残す用意をしています。

美味しい山菜ですが採るのはあまり得意ではありません。
少ししか採れないのはやはりニョロリとしたのに出会いたくないからです。



IMG_5898.jpgここらは植物相も高原性のものが多く明るい広葉樹が気持ち良く迎えてくれます。






IMG_5895.jpg IMG_5908.jpg

でも、油断は禁物!
道は険しくわき見厳禁!落石注意!

帰りにはお約束の湧き水を汲んできます。

感謝感謝。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/334-68d96559