お昼のミニ丼です。
ラーメン好きは放っておくとラーメンしか食べませんので何とか無理やりにでも野菜を食べさせようと始めたメニューですがやはりこれも私の「遊び場」になってしまっています。
原価や手間などおかいなしになりつつあるからです。

しばらくの間かけご飯が続いていました。
新鮮なタケノコを使った中国料理を身近なおなじみのもので出すというのがポイントだからです。
お客様も一般的なものとその差異をわかりやすいだろうと思うからです。

そのくらいはっきりと違いが出てるはずなんですが
どうしても遊びが入りますとエビやカニ、ホタテなどを加えたくなります。
それはそれでもいいのですが、それにもやや飽きてきてしまいました。

そこでもっと身近なもので孟宗竹の食感を感じさせようとチャーハンにしてみました。

結論から言いましょう。
はっきりいって絶品です。

5ミリ角ぐらいにカットした主に根元周辺のタケノコ。
人参、椎茸、葱。
以上を汁気がなくなるまでやや濃い目に煮付けます。
IMG_5615.jpg

他にイカを小さくカットしたものを煮付けたもの。
チャーシューくずをカットしたもの、葱、生姜みじん切り、レタス。

以上を具材にして作りました。
タケノコをたっぷりと加えます。
ボリュームたっぷりの一皿になりました。
お客様も思わず  

「ミニじゃないし」

はい、趣味100%商売っ気が少しのミニ丼です。
当日はタケノコがメインの筑前煮が小鉢につきました。

歯応えが快感なチャーハンです。
おかげ様で一粒残さずに食べてもらえました。
タケノコの力ですね。
さて、次は何に挑戦してみましょうか?
IMG_5616.jpg





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/318-f34875d1