2008.05.06 タケノコ
今年はタケノコが豊作年です。
それこそわんさか出ています。
でも、これは山によって違いがあるようで「今年は不作年だ」という場所もあるそうです。

今のうちに保存用をせっせと作っています。

IMG_5560.jpgIMG_5565.jpg

もちろん日々の丼メニューでも大活用です。
タケノコ御飯は言うに及ばず。
コゴミを乗せて、フライには粒マスタードの入った自製マヨ 生椎茸を焼いて加えました 鹿児島から直送グリーンピースが美味しかったので角切りで大きさを揃えてみました


画像にカーソルを乗せれば簡単な解説が出ます。
今年のヒットは右端の角切りパターンです。
これはおすすめですよ!
小さな角切りは繊維や方向を問いませんから歯応え、食感抜群です。
見た目以上の美味しさが出ます。
大好評でした。
五香粉をほんのちょっと加えてチマキ風の味わいで仕上げましたが、普通の味でもとても好反応でした。

お次はこれです。

IMG_5048.jpg IMG_5049.jpg IMG_5057.jpg

おなじみ中華丼です。
五目かけ御飯というものですがこれは日本発なんだそうです。
本場中国にはラーメンも冷やし中華も天津丼も中華丼もありません。

いや正確には「ありませんでした」というべきですか。
最近香港では「的士飯」(ティーシーファン)というタクシードライバーの丼と言う名前のメニューが人気だそうでして、これもれっきとしたかけ御飯です。
私達は中国語で「ホイファン」(火偏に会  飯)と習いましたが本場では使ってないところを見るとやっぱり無かったんですね。

タケノコ飯も中華丼もお昼に出す時には長い前説がつき、
「朝掘りタケノコが主役の○○○」と書きます。

事実、歯応えの良いものは自分で掘ってこないと食べれませんから本当に主役級になってしまうのです。

普通の方は八百屋さんかスーパーでタケノコを買い求めます。
それらも「朝掘り」と書いてあります。
問題はいつの朝なのか? という点です。

どんなに早くても一晩以上は経過しています。
早朝掘って出荷する頃には市場のセリは終了しているからです。
かくして翌日のセリにかけられて一日経過の品が「朝掘り」となり流通します。

さて、ここからは八百屋さんのお仕事。
毎朝 根元付近を薄く切り水をかけてやります。
そうすると切り口の新しいみずみずしい「朝掘りタケノコ」が出現するのです!
八百恐るべし!

なるべく産地の直売所か道の駅などでのお買い求めを推薦します。

それらが入手困難な方には私の作る瓶詰めをご希望の方にお送りします。
決して八百ではありません。
取立て、即茹で100%です。

取り出してすぐに味噌汁や煮物などに使えます。
風味は取れたてにやや近いですね。

紅焼(ホンショウ)にしてみました。
IMG_5451.jpg


タケノコはアクの強いものを食べるとたちまち飽きてしまいます。
がアクの無いものはどれだけ食べても飽きません。
ぜひこの美味しさをより多くの方々と分かち合いたいものです。

緑なす水の大地 我らが日本 素晴らしきふるさとでは
こうして毎年美味しい食べ物がムクムクと地中から萌え出て来ます。
IMG_5585.jpg IMG_5588.jpg


「ガソリンを値下げするのは環境に対して世界の非常識だ」とご高説を掲げる雲上人に問いたい

世界で始まりつつある食糧危機をみて農業政策の変更は無いのか?
今の日本の減反、無策転作は世界の非常識ではないのか?

陸地の食料生産の足を引っ張るその手で
宝の海とまで呼ばれた有明湾の問題や富山のダム排砂を放置し海の再生を怠ける政府はどうなのか?

どうやらこの国では自国民より外国人のほうが優先されるようです。
自国の保全より他国の事情が優先されるようです。

やはりこうして自衛するしかないようですね。
ささやかでもやらないよりはマシでしょう。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/316-2d396b7f