2008.04.06 忙しい朝
今日は釣りをしている所の画像が欲しくて河川敷に行こうと家を出ました。
IMG_4952.jpg少し早起きすると綺麗な日の出が拝めます。
ちょいと車の向きを変えて、河川敷の前にタケノコが出ていないか偵察に寄り道をして見ましょう。



IMG_4953.jpg IMG_4954.jpg IMG_4955.jpg

ありました!

今はハシリで小粒ばかりですがこれもまた風味には乏しくても柔らかくて美味しいのです。
目ではほとんど見つけられませんから靴底の感触で探します。
この時期に底の厚い靴を履いてきている人はモグリです。
慣れないと全く採れません。

IMG_5020.jpg よく聞く迷信に『タケノコは斜面に出るのが旨い』
というのがあります。
なぜかと言うと根元がギュッと曲がっているからそこが美味しい
というものです。

ウソです。
ご覧のように地下茎のやや下方から出て上へ向かって伸びますから皆同じような根回りの形状になります。
なり口際で切り取られたものはカーブして見えますし、
その上の真っ直ぐな部分で切り取られた物は真っ直ぐに見える というだけの事です。

当然それらに味の差異はありません。
あるのはただただそこの土地の性(しょう)のみです。
えぐかったり、アクが少なかったりはあくまでも土地次第です。

もちろん伸びてしまったものはアクが強くなるのは言うまでもありません。
そもタケノコというのは頭の毛が3本だけ出ているものを指すそうです。
5cmも出ていればそれは見つけやすいんですが、もはや「竹」なんだそうです。
私は案外かまわずに取り捲ります。
竹をいじめるのももちろん大事ですが、なによりここのはアクが少ないのでかなり大きくなっても美味しいからです。
これから桜が終わる頃にかけて大型のタケノコが出ます。
本当の風味と味わいが楽しめます。

おっと ここらで切り上げて河川敷に行かねばなりません。
IMG_5016.jpg IMG_4996.jpg IMG_5010.jpg

富山の空港は神通川の河川敷にあります。
航路下の橋にはそれ用のペイントが施されてあります。

激流ポイントに投網を持った漁師さんらしき人がいます。
こんな流れの速い所で投げるには相当重りも重いのをつけているのでしょう。
これで大物でも網に入ったら取り込みは命がけの大仕事です。
さすがはプロです。

IMG_5012.jpg
河川敷にはいたるところに川舟が上げてあります。
これは富山に来て初めてお目にかかったもので、昔読んだ森鴎外の「高瀬舟」を思い出しました。
今でもこれに乗って投網を投げるのです。
優雅な風景ですが、当人は命がけなんでしょうね。

他に釣り人はいないので引き上げます。

お次は市場です。
タケノコときたらワカメが欲しいですから。

が、残念ながら入荷はありませんでした。
替わりに「アオサノリ」を購入。

忙しい朝でした。@土曜日











スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/301-6578185f