ベーコンの塩抜き加減の味見をかねてスパゲッテイを作りました。
ベーコンは塩漬け、塩抜き、乾燥、薫煙という工程で作りますが、
塩漬け、熟成乾燥という工程のみで作られるのがパンチェッタです。

今回は塩抜き加減を見るためですから乾燥していません。
なんちゃってパンチェッタです。

薄くスライスします。
IMG_4865.jpg IMG_4866.jpg IMG_4867.jpg


ところで、富山ではバイ貝は刺身や昆布じめで食べますが全国的に見ると珍しいのだそうです。
普通バイ貝は深い海溝に生息していて魚場が港から遠い場合が多く、鮮度落ちするため刺身には不向きとなるからです。
ですから全国的にはバイ貝は煮物の対象として流通します。

ところが富山湾海底山脈は急深な海溝が沢山刻まれていて比較的近距離で収穫できるため昔から刺身、昆布じめの対象になっているのです。
もちろん寿司ネタにもなります。

急流な大河が刻み込んだのか?
はたまた太古の地殻変動で出来た物かはわかりませんが、電波で海底探査などできなかった昔にそんな海溝を探り当てたプロ漁師さんは凄いと思います。

私は中国料理店のころからヌーベルシノアを実践していまして宴席ではよく使いました。
刺身にするようにスライスしたものを炒めるのです。
キノコ類やグリーンアスパラなどとで作ると大変美味しい一品となります。

これで今日はパスタに応用します。
IMG_4869.jpg IMG_4870.jpg IMG_4872.jpg

ここまではもう解説は不要ですね。
詳しいレシピをお知りになりたい方はメールでどうぞ。

ここまででしっかり塩味をつけます。
スライスしたバイ貝に塩を振り、片栗粉を少量まぶしておきます。

IMG_4873.jpg

混ぜます。
ザックリ混ぜて熱を通します。
この火加減がやや難しいんです。
生ではいけませんし、加熱しすぎると硬くなります。
理想は少しコリッとするくらい と記しておきます。

仕上がりはバイ貝の表面はツルリとしますので味が乗らないため、あらかじめ塩味をつけ
さらに接着効果を出す為に片栗粉をまぶしておく訳です。

そういう意味では料理は理詰めです。
ことわり(理)をはかる(料る) とはよくぞ言ったものです。

IMG_4875.jpg

できました。
でも何か物足りませんね。
そこでフキノトウを刻んでかけます。
IMG_4876.jpg

完成です。
富山湾のスパゲッテイです。
なんちゃってパンチェッタの塩抜きもいい感じです。

美味しいスパを食べてまた明日からベーコンの乾燥作業が始まります。

やっぱり生パスタは美味しい!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/297-919c4846