2008.01.09 蛸の昆布じめ
昆布じめ

タコを昆布じめにする と言うと不審に思う方もいるかも知れません。
硬くなるんじゃないの?
いえ、タコには「真蛸」と「水蛸」がありまして
このミズダコを使うのです。

大きい物は広げれば2mにもなります。
見た目から大味のように感じるかもしれませんが
歯応えは真蛸よりはありませんが甘みがあって美味しい味です。

真蛸は嫌いだけどミズダコなら大好きと言う方もいらっしゃいます。

ゆで方にコツがありましてゆで過ぎると美味しくなりません。
軽くゆでて余熱で火を通すようにします。
柔らかくて甘みがありとても美味しい蛸です。

薄くスライスして「しゃぶしゃぶ」にするのも大変美味しいのですが最近は価格高騰が続いておりなかなか手が出なくなりつつあります。

どうも築地では富山産の魚は人気があるらしく地元でも築地相場にじんわりと引きずられ始めている様子です。
困った現象ですが隙をみて富山相場の物だけを仕入れて行きたいと思っております。

IMG_3528.jpg

握り寿司にしても柔らかいのでシャリに馴染みやすいんですよ。
IMG_3530.jpg
このように昆布じめにします。
いくぶん身が締まり、歯応えが増します。
昆布の旨みと風味がタコに絶妙の味わいをもたらし絶品となります。

生姜醤油かワサビ醤油で食べます。
今日は能登のお酒とカレンダーが入ったのでこれで味見をしました。

最近年末年始で少々疲れ気味だったのが「マタタビ酒」を少しずつ呑んでいたら復活してきました!
ねずみ年なので年明けから天敵の好物マタタビで元気をつけて頑張ろうというわけです。

でもやっぱり純米酒の方が美味しいに決まってます。
能登の辛口「宗玄純米原酒」です。
宗玄(そうげん)という小さな集落にある蔵元です。
IMG_3525.jpg



,.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/216-517f70dc