梅干をご紹介します。
以前にも書きましたが
http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/blog-entry-9.html
私達の梅干は巨大産地のものではありません。
地元の農家さんが自分達が食べるために育てている梅だけを使用しています。
自分達が食べるものに農薬をかける農家さんはいません。

安心材料を沖縄天然塩シママースだけで漬け込みます。
塩分濃度は20%です。
今時はしょっぱいと言われます。

でも、ひとこと言わせてください。

しょっぱくない梅干なんて梅干じゃ 

ありません!


はっきり言って意味ありません!
何のための梅干ですか? と問いかけたいです。
パンのおかずにでもするんですか?
ケーキの上にでも乗せるんですか?

今の時代何でもかでも子供の幼稚な味覚に迎合して口当たりが良くて売れれば何でもいい と思っているメーカーが多すぎて結果消費者もまた本質を見失ってしまっています。

偽食品や偽装をはじめ、しょっぱくない塩 などという怪しいのが某社から販売されるような素地を作ってしまっているのは正しい食品を見分けられなくなってしまっている消費者にも原因があるのです。

梅干はしょっぱい酸っぱい からこそ力を発揮するのです。
あわててご飯を、お茶を放り込まずにはいられないからです。
うす甘く調味されたものにそんな力はありません!

バランスが変にとれているから何かを要求しないのです。
それだけで食べれる というのは力が無いからです。
いわば低いレベルでまとまってしまった大根役者です。
小さな小屋で一人芝居でもしてればいいのです。
名脇役とからめない力量不足なのです。

ところが残念な事に健康な時なら普通に美味しいと騙されていても解らないのが現状でしょう。

風邪を引いたとき
喉がむずがゆくなったとき
二日酔いになったとき
食欲不振のとき
妊娠中の体調不良のとき
そんなうすら甘い梅干は貴方を助けてはくれません。

アルコール添加で減塩にしたもの

砂糖で甘くした物

化学調味料で食べやすく調味したもの

低塩加工のため保存料を添加したもの

着色したもの

なんて不調の時には助けてくれるどころかかえって酷くなるのは当然でしょう。
当たり前ではないですか?
二日酔いの朝に化学調味料が欲しいですか?
うすら甘い梅干は食べれません。

私のお店には二日酔いのお客様もおいでになります。
お顔を拝見すればそれと判りますので大きな梅干を選んでお出しします。
ご飯一杯では普通なら食べきれない大きさです。
健康時なら3食でやっと一個片付けられるかな? というくらいの大きさでもペロリと食べてしまい
幾分元気そうになって帰っていかれます。
恐らく梅干の力なんて何も感じないで何気なく食べているはずです。

そこなんです!
体調不良のときに普段なら見向きもしないけれど何気に美味しく食べる。
これこそ保存食の極みなのです。
常温でいつも食卓の上に出しておける という点が重要なのです。

塩分の取りすぎは良くないとお思いの方もいらっしゃるでしょうが
しょっぱいものは沢山食べれません。
ご心配無用です。
不調の時に食べれると言う事が逆にそれだけ体が要求している ということの証明なのです。

頭痛や喉の変調の時には熱いほうじ茶に入れて飲んでください。
どうしても酸っぱくて食べれないお子様には砂糖をかけて食べさせてあげてください。
甘くするのは自由に選択出来るべきです。

私達の梅干には余計な物は一切入っていません。
正しいお世話だけをさせていただいております。
夏の盛りに干し、地元の安心紫蘇をたっぷりと加え真っ赤に仕上げます。

高知県のヒネ生姜を加え紅生姜も同時に漬け込みます。
紅生姜は別に販売もしますが少しだけ同封することも可能です。
お申しつけくだされば同封いたします。
IMG_3711.jpg


IMG_3712.jpg画像では判りにくいかもしれませんが詰め替え用の袋には紅生姜を入れて撮ってあります。


カメ入り 実質内容量400g入り  2,000円
詰め替え用袋入り  400g入り  1,500円
梅酢は上記重量外です。
紅生姜はそれだけでも販売をしていますが少量だけ、梅と入れ替えて梱包するのは料金は変わりません。

甘くない梅干を欲しいという方々に支持されておかげ様で御好評をいただいております。

あなたが不調のときに味方をしてくれます。

呑んだ後にお茶漬けを食べる人は翌朝お腹がもたれると言う記憶がおありのはずです。
お茶漬けが悪いんじゃありません!
お茶漬けの素に入っている化学調味料が原因なのです。
この梅でやればもたれません。

そんな普段の食生活を改めて見直すきっかけを与えてくれるはずです。
私達は無添加の美味しい物だけをお届けしています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/204-9765fd90