以前にタケノコをせっせと採ってる話を書きましたが、
こちらからどうぞ
竹の旺盛な繁殖力に一人で対抗(?)するにタケノコだけじゃとても間に合いません。
出来るだけ利用をしています。
かといって自分でザル、カゴを作るほどの能はありませんから簡単に出来てなおかつ多く消費できるもの。

ということでこちら

deji-8 598


箸、菜箸、麺ゆであげ用太箸 です。

他にはこちら
deji-8 599
キノコ採り用の長鎌(改良)です。
腰をかがめて歩くと疲れますので
最近ではもっぱらこれを頼りにしています。

下草に隠れたキノコを探すのに最適な小道具です。
軽いので蜘蛛の巣を払うのにも楽です。


他には物干し竿にもしていますが
こちらは長持ちするので消費しません。

花器などにもしましたがどうにも素人細工ではさまになりませんでした。

このような細工をするには今からが丁度適期なんです。
冬場は水の吸い上げが少なくなるので竹が硬くなるのです。
それで腐りにくく、きれいな仕上がりになります。

今から春先までが一番の好タイミングです。
もちろん、今採ってきて陰干しにしておくのも手です。

実は私の鞄にはこの自作竹箸が一膳常時入っています。
外で食べる時に使用するつもりですが、
正直言って『恥ずかしい』です。
いまだに未使用のままです。
ヘタレです。

ザル蕎麦なんかでも最後の一本まで簡単につまめるくらい先端が尖ってて使いやすいんですが、勇気がありません。
来年こそは というほどでもないですけどね。

来年もタケノコ、竹 のお世話になります。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/198-c5565af4