昔の実食レポ
カテゴリー「鹿児島のラーメン」-1

鹿児島のラーメンにはこれといった共通項が少ないために
福岡や久留米に比べると残念ながら知名度は高くありません。
しかし、それは単にマスコミ受けしないとか、素人受けしない
などといった程度の理由に過ぎません。

鹿児島のラーメンはとにもかくにも旨い!
何と言っても超繁忙店でもほぼ無添加で勝負している所が
あっぱれ!  とプロの私が絶賛、断言します。

というわけで、味の素を一切使わない当店でも登場させる
事が出来るという次第です。
まさか、ウチで「こむらさき」さんをリスペクトエントリーする日が
こようとは夢にも思いませんでした。

心を込めて仕上げました。

麺は出来得る限り似せようと特別配合で白っぽくしました。
今後さらに仕上げてまいります。

ig114.jpg

タレと麺を上げて茹でたキャベツを乗せ
ig113.jpg

小口切りのネギをたっぷりと加え
黒豚は在りませんのでその代りにイノシシの骨からダシを取ります。

そこに「こむらさき」流に沢山のシイタケを加えて美味しいダシとし、
上から掛けてイノシシと富山県産豚のチャーシューを乗せて完成。

ig115.jpg


今回はこれに青森たっこ町産にんにくのローストを添えます。
生ニンニクは翌日不快な悪臭となって周囲を辟易させますが
加熱したものは栄養はそのまま悪臭の素だけ無くします。

どなたもご安心の上香ばしさとともにスタミナ補給を行ってください。
ig110.jpg


期間限定「天文館 こむらさき」  塩ラーメン  900円
土日祝を除く平日のみ、 昼夜OK
麵の追加一玉 200円

ig111.jpg


シンガーソングライターの浜田省吾さんはその名曲
「風を感じて」で

”自由に生きてく方法なんて100通りだってあるさ” と
表現しました。

私も料理人としてそれを無添加で実践しています。

”It's so easy, easy to be free.”




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1510-43e993c6