美味しい芋煮鍋を食べたら〆でどんな麺を楽しむか?
大いに悩ましいところです。
うどんは定番の美味しさでしょうし、冷たく冷水で絞めた蕎麦で
つけ蕎麦を楽しむのもオツなものです。

でも上に乗せる具として考えるのならやっぱりラーメンが一番。

山形では前述したように庄内地方が豚肉で味噌味
山形市方面で牛肉で醤油味と大きく特徴が分かれています。
でも最近では若い人たちの間でそんなことにこだわらない新しい
スタイルが流行りだそうです。

伝統的な食材や味付けに囚われずに、ハムや鶏肉など
それぞれの創意工夫で楽しむというものです。

そこで今回は表題にあるようにカレー味をチョイスしました。
カレー味も最近の人気だそうです。

温もりシリーズ第三弾。

私の作るカレーは本場風が多いのですが今回は鍋がモチーフ
なので和風でまとめます。
和風のカレー麺といえばカレー南蛮が有名ですね。
ie80.jpg
これはそばツユにカレー粉を溶くだけで簡単に出来ます。

でも市販のカレー粉を使うと丼やレンゲが黄色く染まって
しまうので、オリジナルブレンドでMixスパイスを調合します。
ie79.jpg


今回も美味しい和のダシで煮込みます。
たっぷりの豚肉、野菜、に薄揚げを加えてカレー味でまとめ
ラーメンに乗せて完成形とします。
野菜は里芋、タマネギ、タケノコ、レンコン、人参、キノコなど・・

清湯醤油に手打ち太麺という山形風ラーメンに
カレー芋煮を乗せて完成です。
ie77.jpg

やはり熱々の里芋が喉を通り抜けて体の芯から温めてくれます。
ie70.jpg

太麺との相性もバッチリ。
ie72.jpg

和風を基本味としていますが
もっとカレー味を濃くしたいという方のために
もっとカレースパイスをご用意しました。
ie75.jpg


またベースはいつも通りの小辛なのでもっと辛いのがいい
という方のために
ホットカレースパイスもご用意しました。
ie74.jpg


「もっと」も「ホット」もおかわりOK.
どうぞ自分好みのカレー味にコントロール出来るという
楽しみをご経験ください。
スパイス感も刺激もご自由自在です。

更に、今回は「追い飯」(おいめし)も可能です。
小鉢に少量ですが無料でご飯をお出しします。
これは「追い飯」とご用命ください。

オーダー無き場合は勝手には出しませんのでご了承ください。

残ったスープを小鉢のご飯に掛けてお召し上がりください。
本気で体温まります。
ie73.jpg



期間限定「山形 芋煮ラーメン」 豚肉カレー味Ver.
土日祝を除く平日のみ、昼夜OK
900円

麵の追加一玉  200円
2月16日~今月いっぱいの7日間の予定でスタート。
ie78.jpg



ジプシーキングス



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1488-86274a15