FC2ブログ
2017.12.20 ニベとの遭遇
id12.jpg

市場で「ニベ」を仕入れてきました。
昔は魚屋さんでザルに盛られてよく並んでいたと聞きますが
最近ではほとんど見られなくなった魚種です。

これは大型で50cm以上ありました。
よくイシモチと混同されますが種は異なるそうです。
id11.jpg


かつてどの位「よく上がった」のかと言えば
この魚の浮き袋を煮溶かして協力接着剤の”にかわ”が作られたといいます。

いったい全国でどのくらいの”にかわ需要”があったのかは
知りませんが凄い量なのは間違いなさそうですよね。

しかもベタベタくっつく”にかわ”の反語?として
取り付く島もない、愛想もない人の事を「にべもない」という
語源にまでなっているのです。

その原料になる「浮き袋」は大きな魚体に比してたった
これだけ、10cm程だけです。
id10.jpg

右から白子、浮き袋、胃袋。
全国でどれだけのニベ漁獲量があったのかとため息すら出ます。

気になる魚自体のお味はと言うと
脂が程よく乗り煮ても焼いても美味しい魚でした。
試食の後は例によって「焼き干し」行きです。


ちなみに、魚の腹の中で旨いものと言えば
一に胃袋、二に浮き袋、3.4が無くて5に白子、真子
その次に心臓、肝でしょうか?

浮き袋を食べたことが無いと言う人でも
鱈の胃袋のキムチならご経験がおありでしょう。(チャンジャ)
どんな魚の胃袋でもコリコリとして美味しいものです。

浮き袋は全体がコラーゲンの塊と言った感じで
ツルリンとした食感です。

大きな魚の浮き袋と言うのは概ね美味しく
特に中国料理では高級食材として扱われます。
かつて米国で巨魚の浮き袋の密輸入事件すら起きています。

今回も味噌汁に入れて美味しく頂きましたが
他の魚の物よりもねっとりとした食感が特徴的でした。


魚に関する「温暖化の影響」はしばしば当ブログでも
取り上げていますが、先日新湊漁港で「イサキ」が
並んでいました。

とうとうここまで来たか!?
という思いです。
つい数か月前太平洋側からの梅雨イサキを焼き干しに加工
したと思ったらここ富山湾でまさか遭遇できるとは!

でも見た目が地味な魚であるのと、やや小ぶりなのとで
中買いさんに値段を訊ねるとなんと2匹で100円!

ヤガラが初めて中央市場にお目見えした時もそうでした。
大きなサワラを前にした魚屋さんが
「これは身が柔いから刺身にはならない」と言った時にも
この違和感を感じました。

そう
急激な温暖化の影響で”まだ学習不足な状態”なのです。
喜んでいいのか嘆くべきか今年も各漁港で
悲喜こもごもなニュースが流れていますが、
なに、私たちは
上がった魚を有り難く食べるだけ。

遠来からはるばる到来してくれた魚に感謝して
「いただきます」




日はまた昇る



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1480-78476470